処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129695 - 情報処理装置、制御方法、情報処理端末、情報処理方法

公開番号 WO/2020/129695
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047779
国際出願日 06.12.2019
IPC
H04R 1/02 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
02ケーシング;キャビネット;それらへの実装
H04R 3/00 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
3変換器のための回路
G06F 3/16 2006.01
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
3計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
16音声入力;音声出力
G10L 15/00 2013.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
G10L 15/28 2013.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
28音声認識システムの構造上の細部
G10L 15/30 2013.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
28音声認識システムの構造上の細部
30分散型音声認識,例.クライアント・サーバシステムにおけるもの,携帯電話またはネットワークアプリケーションのためのもの
出願人
  • ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 亀岡 慎平 KAMEOKA Shinpei
  • 浅津 英樹 ASAZU Hideki
  • 山地 秀典 YAMAJI Hidenori
代理人
  • 西川 孝 NISHIKAWA Takashi
  • 稲本 義雄 INAMOTO Yoshio
  • 三浦 勇介 MIURA Yusuke
優先権情報
2018-23932921.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) INFORMATION PROCESSING DEVICE, CONTROL METHOD, INFORMATION PROCESSING TERMINAL, AND INFORMATION PROCESSING METHOD
(FR) DISPOSITIF DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS, PROCÉDÉ DE COMMANDE, TERMINAL DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS ET PROCÉDÉ DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS
(JA) 情報処理装置、制御方法、情報処理端末、情報処理方法
要約
(EN)
The present technique relates to an information processing device, a control method, an information processing terminal and an information processing method for making it possible to detect, by use of a microphone depending on user's intention, voice to be recognized. An information processing device according to an aspect of the present technique controls, on the basis of a state of user's operation on an information processing terminal, which microphone to use, a main microphone, which is a microphone provided to a cabinet, or a terminal microphone, which is a microphone provided to the information processing terminal used for user's operations, in order to detect voice to be recognized. The present technique can be applied to a TV having a microphone.
(FR)
La présente technique concerne un dispositif de traitement d'informations, un procédé de commande, un terminal de traitement d'informations et un procédé de traitement d'informations permettant de détecter, au moyen d'un microphone et en fonction de l'intention de l'utilisateur, une voix à reconnaître. Un dispositif de traitement d'informations selon un aspect de la présente technique commande, sur la base d'un état de fonctionnement de l'utilisateur sur un terminal de traitement d'informations, quel microphone utiliser entre un microphone principal, qui est un microphone disposé sur une enceinte, et un microphone de terminal, qui est un microphone fourni au terminal de traitement d'informations utilisé pour les opérations de l'utilisateur, afin de détecter la voix à reconnaître. La présente technique peut s'appliquer à une télé dotée d'un microphone.
(JA)
本技術は、認識対象となる音声をユーザの意図に応じたマイクロフォンを用いて検出することができるようにする情報処理装置、制御方法、情報処理端末、情報処理方法に関する。 本技術の一側面の情報処理装置は、筐体に設けられたマイクロフォンである本体マイクロフォンと、認識対象となる音声の検出を、本体マイクロフォンと、ユーザの操作に用いられる情報処理端末に設けられたマイクロフォンである端末マイクロフォンとのうちのいずれのマイクロフォンにより行うかを、情報処理端末に対するユーザの操作の状態に基づいて制御する。本技術は、マイクロフォンを有するTVに適用することができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報