処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129642 - 鞍乗型車両

公開番号 WO/2020/129642
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047385
国際出願日 04.12.2019
予備審査請求日 16.03.2020
IPC
B62H 5/00 2006.01
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
H自転車スタンド;自転車の駐車または貯蔵のための支持または保持具;自転車の不許可使用または盗難を防止したり表示する器具;自転車錠;自転車練習装置
5自転車の不許可使用または盗難を防止したり表示する器具;自転車錠
B60R 25/32 2013.01
B処理操作;運輸
60車両一般
R他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
25車両の無断使用や盗難を防いだり知らせたりする付属品またはシステム
30盗難に関連した検知または盗難防止システムに関係ある他の事象に関連した検知
32車両の動的パラメータ,例.速度または加速度,の検知
B62J 17/06 2006.01
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
J自転車用サドルまたはシート;自転車特有で他に分類されない付属品,例.自転車用の荷物台,自転車用の保護装置
17運転者の荒天用防護具;風防または他に分類されない流線型状部品
02運転者の前面のみを遮蔽するもの
06脚保護具
B62J 23/00 2006.01
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
J自転車用サドルまたはシート;自転車特有で他に分類されない付属品,例.自転車用の荷物台,自転車用の保護装置
23自転車に特に設けられた他の防護具
B62J 99/00 2020.01
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
J自転車用サドルまたはシート;自転車特有で他に分類されない付属品,例.自転車用の荷物台,自転車用の保護装置
99このサブクラスの他のグループに分類されない主題事項
出願人
  • 本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川隅慎司 KAWASUMI Shinji
  • 唐櫻 TANG Ying
  • 宋超 SONG Chao
代理人
  • 千葉剛宏 CHIBA Yoshihiro
  • 宮寺利幸 MIYADERA Toshiyuki
  • 千馬隆之 SENBA Takayuki
  • 仲宗根康晴 NAKASONE Yasuharu
  • 坂井志郎 SAKAI Shiro
  • 関口亨祐 SEKIGUCHI Kosuke
優先権情報
201811579327.321.12.2018CN
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SADDLE-RIDE TYPE VEHICLE
(FR) VÉHICULE À SELLE
(JA) 鞍乗型車両
要約
(EN)
A saddle-ride type vehicle (10) is provided with a leg shield (164) for covering legs of a rider, and a front cover (162), and has an internal space (242) formed between the leg shield (164) and the front cover (162). An inner box (184) is formed integrally with the leg shield (164) by indenting a part of the leg shield (164) toward the front cover (162) (the internal space (242)). A vibration detector (272) for detecting a vibration of the saddle-ride type vehicle (10) is mounted on a top surface, on the internal space (242) side, of an upper wall (185c) of the inner box (184).
(FR)
La présente invention concerne un véhicule à selle (10) qui est pourvu d'un protège-jambe (164) destiné à recouvrir les jambes d'un cycliste, d'un couvercle avant (162), et d'un espace interne (242) formé entre le protège-jambe (164) et le couvercle avant (162). Une boîte interne (184) fait partie intégrante du protège-jambe (164) par indentation d'une partie du protège-jambe (164) vers le couvercle avant (162) (l'espace interne (242)). Un détecteur de vibrations (272) destiné à détecter une vibration du véhicule à selle (10) est monté sur une surface supérieure, sur le côté de l'espace interne (242), d'une paroi supérieure (185c) de la boîte interne (184).
(JA)
鞍乗型車両(10)は、乗員の足を覆うレッグシールド(164)とフロントカバー(162)とを備え、これらレッグシールド(164)とフロントカバー(162)の間に内部空間(242)が形成される。また、該レッグシールド(164)の一部位がフロントカバー(162)(内部空間(242))側に向かって陥没することにより、インナボックス(184)がレッグシールド(164)と一体的に形成される。そして、インナボックス(184)の上方壁(185c)の、内部空間(242)側の上面に、鞍乗型車両(10)の振動を検知する振動検知器(272)が配設される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報