処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129602 - ウレタン樹脂水分散体、皮膜、積層体、及び、ウレタン樹脂水分散体の製造方法

公開番号 WO/2020/129602
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047144
国際出願日 03.12.2019
IPC
C09D 5/02 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
02エマルジョンペイント
C09D 175/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04ポリウレタン
C08G 18/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
C08G 18/08 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
08方法
C08G 18/12 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
08方法
10イソシアネートまたはイソチオシアネートと活性水素を有する化合物との最初の反応段階における反応を伴うプレポリマー法
12第一重合段階において活性水素を有する2またはそれ以上の化合物を用いるもの
C08G 18/32 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
28活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
30低分子量化合物
32ポリヒドロキシ化合物;ポリアミン;ヒドロキシアミン
出願人
  • DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 鉄井 智博 TETSUI Tomohiro
  • 坂元 保 SAKAMOTO Tamotsu
  • 金川 善典 KANAGAWA Yoshinori
  • 片上 保之 KATAKAMI Yasuyuki
  • 田中 寛樹 TANAKA Hiroki
  • 千々和 宏之 CHIJIWA Hiroyuki
代理人
  • 小川 眞治 OGAWA Shinji
優先権情報
2018-23959921.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AQUEOUS URETHANE RESIN DISPERSION, FILM, MULTILAYER BODY AND METHOD FOR PRODUCING AQUEOUS URETHANE RESIN DISPERSION
(FR) DISPERSION AQUEUSE DE RÉSINE D'URÉTHANE, FILM, CORPS MULTICOUCHE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE DISPERSION AQUEUSE DE RÉSINE D'URÉTHANE
(JA) ウレタン樹脂水分散体、皮膜、積層体、及び、ウレタン樹脂水分散体の製造方法
要約
(EN)
The present invention provides an aqueous urethane resin dispersion which is an aqueous dispersion of a urethane resin (X) that contains a chain extender (a1) as an essential starting material, and which is characterized in that the content of the urethane resin (X) in the aqueous dispersion is within the range of 50-70% by mass. The present invention also provides a method for producing an aqueous urethane resin dispersion, which is characterized by having a step wherein a urethane prepolymer (i) having an isocyanate group is obtained by reacting a polyol (a2), a polyisocyanate (a3) and a compound (a4) having a hydrophilic group in the absence of a solvent, and then the urethane prepolymer (i) is dispersed in water and is subsequently reacted with the chain extender (a1), thereby obtaining the urethane resin (X), and which is also characterized in that the content of the urethane resin (X) is 50-70% by mass.
(FR)
La présente invention concerne une dispersion aqueuse de résine d'uréthane qui est une dispersion aqueuse d'une résine d'uréthane (X) qui contient un agent d'allongement de chaîne (a1) en tant que matière première essentielle et qui est caractérisée en ce que la teneur en résine d'uréthane (X) dans la dispersion aqueuse se situe dans la plage de 50 à 70 % en masse. La présente invention concerne également un procédé de production d'une dispersion aqueuse de résine d'uréthane, qui est caractérisé en ce qu'il comprend une étape dans laquelle un prépolymère d'uréthane (i) présentant un groupe isocyanate est obtenu par réaction d'un polyol (a2), d'un polyisocyanate (a3) et d'un composé (a4) présentant un groupe hydrophile en l'absence d'un solvant, puis le prépolymère d'uréthane (i) est dispersé dans l'eau et est ensuite mis à réagir avec l'agent d'allongement de chaîne (a1), ce qui permet d'obtenir la résine d'uréthane (X), et qui est également caractérisé en ce que la teneur en résine d'uréthane (X) est de 50 à 70 % en masse.
(JA)
本発明は、鎖伸長剤(a1)を必須原料とするウレタン樹脂(X)の水分散体であって、水分散体中のウレタン樹脂(X)の含有率が、50~70質量%の範囲であることを特徴とするウレタン樹脂水分散体を提供するものである。また、本発明は、ポリオール(a2)、ポリイソシアネート(a3)、及び、親水性基を有する化合物(a4)を無溶媒下で反応させて、イソシアネート基を有するウレタンプレポリマー(i)を得、次いで、ウレタンプレポリマー(i)を水に分散させ、その後、鎖伸長剤(a1)を反応させてウレタン樹脂(X)を得る工程を有し、ウレタン樹脂(X)の含有率が、50~70質量%であることを特徴とするウレタン樹脂水分散体の製造方法を提供するものである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報