処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129560 - 余肉量設定方法、余肉量設定装置、及び造形物の製造方法、並びにプログラム

公開番号 WO/2020/129560
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046416
国際出願日 27.11.2019
IPC
B23K 9/04 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9アーク溶接または切断
04結合以外の目的で用いられる溶接,例.肉盛溶接
B23K 10/02 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
10プラズマによる溶接または切断
02プラズマ溶接
B23K 26/21 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
B23K 26/34 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
34接合以外を目的としたレーザー溶接
B29C 64/106 2017.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
64付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物体の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
10付加製造の工程
106液体または粘性材料のみを使用,例.粘性材料による連続したビードの沈着
B29C 64/386 2017.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
64付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物体の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
30補助操作または補助設備
386付加製造のためのデータ取得またはデータ処理
出願人
  • 株式会社神戸製鋼所 KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.) [JP]/[JP]
発明者
  • 佐藤 伸志 SATO Shinji
  • 山田 岳史 YAMADA Takeshi
  • 黄 碩 HUANG Shuo
  • 飛田 正俊 HIDA Masatoshi
  • 藤井 達也 FUJII Tatsuya
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-23704919.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR SETTING EXCESS THICKNESS, DEVICE FOR SETTING EXCESS THICKNESS, METHOD FOR PRODUCING SHAPED OBJECT, AND PROGRAM
(FR) PROCÉDÉ POUR ÉTABLIR UN EXCÈS D'ÉPAISSEUR, DISPOSITIF POUR ÉTABLIR UN EXCÈS D'ÉPAISSEUR, PROCÉDÉ POUR PRODUIRE UN OBJET FORMÉ, ET PROGRAMME
(JA) 余肉量設定方法、余肉量設定装置、及び造形物の製造方法、並びにプログラム
要約
(EN)
The present invention comprises: a thermal shrinkage prediction step for predicting the amount of post-shaping thermal shrinkage of a laminate; a thermal shrinkage correction step for expanding the target profile of a shaped object in accordance with the amount of thermal shrinkage to obtain a thermal deformation correction profile; a released strain prediction step for predicting the amount of elastic deformation according to post-machining released strain of the laminate; an elastic deformation correction step for deforming the thermal deformation correction profile in accordance with the amount of elastic deformation in a direction opposite the deformation direction according to the released strain to obtain an elastic deformation correction profile; and an excess thickness setting step for adjusting the contour shape of the laminate so that the excess thickness from the elastic deformation correction profile to the contour of the laminate is within a predetermined reference range.
(FR)
La présente invention comprend : une étape de prévision de retrait thermique pour prévoir la quantité de retrait thermique post-formage d'un stratifié ; une étape de correction de retrait thermique pour étendre le profil cible d'un objet formé en fonction de la quantité de retrait thermique afin d'obtenir un profil de correction de déformation thermique ; une étape de prévision de relâchement de contrainte pour prévoir la quantité de déformation élastique en fonction d'un relâchement de contrainte post-formage du stratifié ; une étape de correction de déformation élastique pour déformer le profil de correction de déformation thermique en fonction de la quantité de déformation élastique dans une direction opposée à la direction de déformation selon le relâchement de contrainte afin d'obtenir un profil de correction de déformation élastique ; et une étape d'établissement d'excès d'épaisseur pour ajuster la forme de contour du stratifié de telle sorte que l'excès d'épaisseur à partir du profil de correction de déformation élastique jusqu'au contour du stratifié se trouve à l'intérieur d'une plage de référence prédéterminée.
(JA)
積層体の造形後の熱収縮量を予測する熱収縮予測工程と、造形物の目標プロファイルを熱収縮量に応じて膨張させて、熱変形補正プロファイルを求める熱収縮補正工程と、積層体の機械加工後の解放ひずみによる弾性変形量を予測する解放ひずみ予測工程と、熱変形補正プロファイルを解放ひずみによる変形方向の逆方向に弾性変形量に応じて変形させて、弾性変形補正プロファイルを求める弾性変形補正工程と、弾性変形補正プロファイルから積層体の外縁までの余肉量が、予め定めた基準範囲に収まるように、積層体の外縁形状を調整する余肉量設定工程と、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報