処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129553 - 微細構造付ガラス基板及び微細構造付ガラス基板の製造方法

公開番号 WO/2020/129553
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046251
国際出願日 26.11.2019
IPC
C03C 15/00 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
15繊維やフィラメントの形態をとらないガラスの,エッチングによる表面処理
C03C 23/00 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
23繊維やフィラメントの形態をとらない繊維以外のガラスのその他の表面処理
H01L 23/15 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
23半導体または他の固体装置の細部
12マウント,例.分離できない絶縁基板
14材料またはその電気特性に特徴のあるもの
15セラミックまたはガラス基板
出願人
  • 日本板硝子株式会社 NIPPON SHEET GLASS COMPANY, LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 儘田 晴彦 MAMADA Haruhiko
  • 大川 和哉 OHKAWA Kazuya
  • 井上 輝英 INOUE Teruhide
  • 宮内 太郎 MIYAUCHI Taro
代理人
  • 鎌田 耕一 KAMADA Koichi
  • 西尾 光彦 NISHIO Mitsuhiko
優先権情報
2018-23743919.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GLASS SUBSTRATE HAVING MICROSTRUCTURE AND PRODUCTION METHOD FOR GLASS SUBSTRATE HAVING MICROSTRUCTURE
(FR) SUBSTRAT EN VERRE AYANT UNE MICROSTRUCTURE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION POUR SUBSTRAT EN VERRE AYANT UNE MICROSTRUCTURE
(JA) 微細構造付ガラス基板及び微細構造付ガラス基板の製造方法
要約
(EN)
This glass substrate (1) having a microstructure has first pores (21) and second pores (22). The first pores (21) have a diameter not more than 1000 µm in a first main surface (11). When that diameter is defined as D, the second pores (22) have a maximum dimension of at least 1.1D in the first main surface (11).
(FR)
Ce substrat en verre (1) ayant une microstructure comporte des premiers pores (21) et des seconds pores (22). Les premiers pores (21) ont un diamètre qui n'est pas supérieur à 1000 µm dans une première surface principale (11). Lorsque ce diamètre est défini comme D, les seconds pores (22) ont une dimension maximale d'au moins 1.1D dans la première surface principale (11).
(JA)
微細構造付ガラス基板(1)は、第一孔(21)と、第二孔(22)とを有する。第一孔(21)は、第一主面(11)において1000μm以下の直径を有する。その直径をDと表すとき、第二孔(22)は、第一主面(11)において1.1D以上の最大寸法を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報