処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129546 - ガラス板の撓み測定装置及びガラス板の製造方法

公開番号 WO/2020/129546
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046088
国際出願日 26.11.2019
IPC
G01B 21/00 2006.01
G物理学
01測定;試験
B長さ,厚さまたは同種の直線寸法の測定;角度の測定;面積の測定;表面または輪郭の不規則性の測定
21このサブクラスの他のグループの,個別の形式の測定手段に適合しない測定装置またはその細部
G01B 11/24 2006.01
G物理学
01測定;試験
B長さ,厚さまたは同種の直線寸法の測定;角度の測定;面積の測定;表面または輪郭の不規則性の測定
11光学的手段の使用によって特徴づけられた測定装置
24輪郭または曲率の測定用
出願人
  • 日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 井上 肇 INOUE Hajime
  • 西川 佳範 NISHIKAWA Yoshinori
代理人
  • 城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko
  • 熊野 剛 KUMANO Tsuyoshi
  • 友廣 真一 TOMOHIRO Shin-ichi
優先権情報
2018-23937721.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GLASS PLATE WARPAGE MEASUREMENT DEVICE AND GLASS PLATE MANUFACTURING METHOD
(FR) DISPOSITIF DE MESURE DE GAUCHISSEMENT DE PLAQUE DE VERRE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE PLAQUE DE VERRE
(JA) ガラス板の撓み測定装置及びガラス板の製造方法
要約
(EN)
This invention comprises two main support members 2 for supporting a glass plate G from below and measures the warpage of the glass plate G between the two main support members 2. An intermediate support member 13 is disposed between the two main support members 2 and switches between supporting the glass plate G from below and being removed from the glass plate G.
(FR)
La présente invention comprend deux éléments de support principaux 2 pour supporter une plaque de verre G par dessous et mesurer le gauchissement de la plaque de verre G entre les deux éléments de support principaux 2. Un élément de support intermédiaire 13 est disposé entre les deux éléments de support principaux 2 et peut soit supporter la plaque de verre G par dessous, soit être éloigné de la plaque de verre G.
(JA)
ガラス板Gを下方から支持する二つの主支持部材2を備え、二つの主支持部材2間に生じるガラス板Gの撓みを測定するように構成し、二つの主支持部材2間に、ガラス板Gを下方から支持する状態とガラス板Gから退避した状態とを取る中間支持部材13を配置する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報