処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129443 - 音響再生装置

公開番号 WO/2020/129443
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043492
国際出願日 06.11.2019
IPC
H04R 1/02 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
02ケーシング;キャビネット;それらへの実装
H04R 1/26 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
20所望の周波数あるいは指向特性を得るための装置
22所望の周波数特性のみを得るためのもの
262以上の周波数範囲に応答する別々の変換器の空間的配置
H04R 1/28 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
20所望の周波数あるいは指向特性を得るための装置
22所望の周波数特性のみを得るためのもの
28特殊な周波数レスポンスのために設計された変換器実装具または囲い;機械的または音響的インピーダンス,例.共振器,制動手段,を備えることによって変えられる変換器の囲い
H04R 1/34 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
20所望の周波数あるいは指向特性を得るための装置
32所望の指向特性のみを得るためのもの
34反射,回折,指向または誘導手段をもつ単一変換器の使用によるもの
H04R 3/00 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
3変換器のための回路
H04R 7/12 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
7電気機械変換器用振動板;コーン
02構造に特徴のあるもの
12非平面形振動板またはコーン
出願人
  • ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 鈴木 伸和 SUZUKI, Nobukazu
代理人
  • 杉浦 正知 SUGIURA, Masatomo
  • 杉浦 拓真 SUGIURA, Takuma
優先権情報
2018-23910821.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOUND REPRODUCTION DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE REPRODUCTION SONORE
(JA) 音響再生装置
要約
(EN)
This sound reproduction device has a first sound reproduction unit and a second sound reproduction unit, wherein the first sound reproduction unit has a cylindrical housing unit and a vibration application unit which applies vibration to an end surface at one end part of the housing unit, the second sound reproduction unit has a speaker unit and a diffuser which changes a radiation direction of sound reproduced from the speaker unit, and the housing unit, the speaker unit, and the diffuser are arranged so as to be substantially coaxial with respect to a prescribed axis. The sound reproduction device is configured such that the radiation direction of the sound reproduced from the speaker unit is made, by the diffuser, to be substantially the same direction as a radiation direction of sound by the first sound reproduction unit.
(FR)
La présente invention concerne un dispositif de reproduction de son comprenant une première unité de reproduction de son et une seconde unité de reproduction de son, la première unité de reproduction de son ayant une unité de boîtier cylindrique et une unité d'application de vibration qui applique une vibration à une surface d'extrémité au niveau d'une partie d'extrémité de l'unité de boîtier, la seconde unité de reproduction de son comprend une unité de haut-parleur et un diffuseur qui change une direction de rayonnement du son reproduit à partir de l'unité de haut-parleur, et l'unité de boîtier, l'unité de haut-parleur et le diffuseur sont agencés de manière à être sensiblement coaxiaux par rapport à un axe prescrit. Le dispositif de reproduction sonore est configuré de telle sorte que la direction de rayonnement du son reproduit à partir de l'unité de haut-parleur est réalisée, par le diffuseur, pour être sensiblement la même direction que la direction de rayonnement du son par la première unité de reproduction sonore.
(JA)
第1音響再生部と第2音響再生部とを有し、第1音響再生部は、円筒状の筐体部と、筐体部の一方の端部における端面を加振する加振部とを有し、第2音響再生部は、スピーカーユニットと、スピーカーユニットから再生される音の放射方向を変更するディフューザーとを有し、筐体部、スピーカーユニット及びディフューザーが、所定の軸に対して略同軸となるように配置されており、ディフューザーにより、スピーカーユニットから再生される音の放射方向が第1音響再生部による音の放射方向と略同一方向となるように構成されている音響再生装置である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報