処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129425 - フラッシュラスト防止剤

公開番号 WO/2020/129425
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042900
国際出願日 31.10.2019
IPC
C09D 5/08 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
08防食ペイント
C09D 5/02 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
02エマルジョンペイント
C23C 26/00 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
26グループC23C2/00~C23C24/00に分類されない被覆
C23F 11/00 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
F機械方法によらない表面からの金属質材料の除去;金属質材料の防食;鉱皮の抑制一般;少なくとも一工程はクラスC23に分類され,少なくとも一工程はサブクラスC21DもしくはC22FまたはクラスC25に包含される金属質材料の表面処理の多段階工程
11腐食のおそれがある表面への抑制剤の適用または腐食媒体への抑制剤の添加による金属質材料の防食
出願人
  • サンノプコ株式会社 SAN NOPCO LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 北村 匠 KITAMURA Takumi
  • 元越 佳子 MOTOGOE Keiko
代理人
  • 櫻井 健一 SAKURAI Ken-ichi
優先権情報
2018-23657418.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLASH RUST INHIBITOR
(FR) INHIBITEUR D'OXYDATION SUPERFICIELLE
(JA) フラッシュラスト防止剤
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide a flash rust inhibitor that exhibits an exceptional flash-rust-inhibiting effect without containing nitrite. The present invention is a flash rust inhibitor characterized by containing a salt (AB) of an aliphatic dicarboxylic acid (A) and an alkylene oxide adduct (B) of an aliphatic monoamine. The aliphatic dicarboxylic acid (A) is preferably a linear dicarboxylic acid, and the number of carbon atoms thereof is preferably 4-14. The aliphatic monoamine that constitutes the alkylene oxide adduct (B) of an aliphatic monoamine is preferably a C3-18 linear amine or a C4-12 cyclic amine, and the alkylene oxide is preferably ethylene oxide and/or propylene oxide.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir un inhibiteur d'oxydation superficielle qui présente un effet exceptionnel d'inhibition de l'oxydation superficielle sans contenir de nitrite. La présente invention est un inhibiteur d'oxydation superficielle caractérisé en ce qu'il contient un sel (AB) d'un acide dicarboxylique aliphatique (A) et un adduit d'alkylène-oxyde (B) d'une monoamine aliphatique. L'acide dicarboxylique aliphatique (A) est de préférence un acide dicarboxylique linéaire, et le nombre d'atomes de carbone de celui-ci est de préférence de 4 à 14. La monoamine aliphatique qui constitue le produit d'addition d'alkylène-oxyde (B) d'une monoamine aliphatique est de préférence une amine linéaire C3-18 ou une amine cyclique C4-12, et l'alkylène-oxyde est de préférence l'oxyde d'éthylène et/ou l'oxyde de propylène.
(JA)
本発明は亜硝酸塩を含有せず、優れたフラッシュラスト防止効果を発揮するフラッシュラスト防止剤を提供することを目的とする。 本発明は、脂肪族ジカルボン酸(A)と脂肪族モノアミンのアルキレンオキシド付加体(B)との塩(AB)を含有してなることを特徴とするフラッシュラスト防止剤である。脂肪族ジカルボン酸(A)が直鎖状ジカルボン酸であることが好ましく、この炭素数が4~14が好ましい。脂肪族モノアミンのアルキレンオキシド付加体(B)を構成する脂肪族モノアミンは炭素数3~18の直鎖状アミン又は炭素数4~12の環状アミンであることが好ましく、アルキレンオキシドがエチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドであることが好ましい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報