処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129420 - 合わせガラス

公開番号 WO/2020/129420
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042532
国際出願日 30.10.2019
IPC
C03C 27/12 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10目的に特に適する接着物によるもの
12合わせガラス
H05B 3/86 2006.01
H電気
05他に分類されない電気技術
B電気加熱;他に分類されない電気照明
3抵抗加熱
84透明または反射部分に特に適合した加熱装置,例.窓,鏡,または車両の風防ガラスを防曇または防氷するためのもの
86発熱導体が透明または反射物質の中に埋込まれたもの
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 儀間 裕平 GIMA, Yuhei
代理人
  • 伊東 忠重 ITOH, Tadashige
  • 伊東 忠彦 ITOH, Tadahiko
優先権情報
2018-24019621.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LAMINATED GLASS
(FR) VERRE FEUILLETÉ
(JA) 合わせガラス
要約
(EN)
A laminated glass of the present invention is provided with a pair of glass plates which face each other, an intermediate film arranged between the pair of glass plates, and a plurality of linear members which can heat transparent regions in the pair of glass plates and are arranged in parallel, wherein the width of each of the linear members is 2 to 30 μm inclusive, and the line width is not constant in at least a part of the plurality of linear members.
(FR)
L'invention concerne un verre feuilleté pourvu d'une paire de plaques de verre qui se font face, d'un film intermédiaire disposé entre la paire de plaques de verre et d'une pluralité d'éléments linéaires qui peuvent chauffer des régions transparentes dans la paire de plaques de verre et qui sont agencés en parallèle, la largeur de chacun des éléments linéaires étant de 2 à 30 µm, valeurs extrêmes incluses et la largeur de ligne n'étant pas constante dans au moins une partie de la pluralité d'éléments linéaires.
(JA)
本合わせガラスは、互いに対向する一対のガラス板と、前記一対のガラス板の間に位置する中間膜と、前記一対のガラス板の透視域を加熱する、並列に配置された複数の線状部材と、を有し、各々の前記線状部材の幅が2μm以上30μm以下であり、複数の前記線状部材の少なくとも一部において線幅が一定でない。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報