処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129372 - 燃料電池モジュール

公開番号 WO/2020/129372
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040070
国際出願日 10.10.2019
IPC
H01M 8/04 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
04補助的な装置,例.圧力制御のためのもの,または流体循環のためのもの
C01B 3/38 2006.01
C化学;冶金
01無機化学
B非金属元素;その化合物
3水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02水素または水素含有混合ガスの製造
32ガス化剤,例.水,二酸化炭素,空気,と気体または液体有機化合物との反応によるもの
34ガス化剤と炭化水素との反応によるもの
38触媒を用いるもの
H01M 8/0606 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
06反応物質の製造または反応生成物の処理のための手段と燃料電池との結合
0606気体反応物質の製造のための手段
H01M 8/0662 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
06反応物質の製造または反応生成物の処理のための手段と燃料電池との結合
0662気体反応物質または気体反応生成物の処理,例.クリーニング
H01M 8/12 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
10固体電解質をもつ燃料電池
12高温で動作するもの,例.安定化ZrO↓2をもつもの
H01M 8/2432 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
24燃料電池の集合化,例.燃料電池の積層
241固体またはマトリクスに支持された電解質
2425固体電解質をもつ高温電池
2432平板形状のユニットセルを集合化
出願人
  • 森村SOFCテクノロジー株式会社 MORIMURA SOFC TECHNOLOGY CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 坪井 文雄 TSUBOI Fumio
  • 松尾 卓哉 MATSUO Takuya
  • 大村 肇 OMURA Hajime
  • 星子 琢也 HOSHIKO Takuya
  • 川上 晃 KAWAKAMI Akira
  • 田中 修平 TANAKA Shuhei
代理人
  • 田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro
  • 山本 泰史 YAMAMOTO Yasufumi
優先権情報
2018-23729219.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FUEL CELL MODULE
(FR) MODULE DE PILES À COMBUSTIBLE
(JA) 燃料電池モジュール
要約
(EN)
The fuel cell module (1) according to the present invention has: a sealed fuel cell stack (2) formed by stacking a plurality of flat-plate fuel cells (2a) on one another; a reformer (36); a combustor (38); and conductive bus bars (B1, B2) for extracting electric power generated in the fuel cells, wherein the fuel cell module has no outer vessel member provided thereto for accommodating the fuel cell stack, and the bus bars each have the base end side thereof disposed at an end of the fuel cell stack while the distal end side thereof is configured to protrude, without penetrating an outer vessel member, so as to enable direct extraction outside the fuel cell module.
(FR)
La présente invention concerne un module de piles à combustible (1) qui a : un empilement de piles à combustible étanche (2) formé en empilant une pluralité de piles à combustible en plaques plates (2a) les unes sur les autres ; un reformeur (36) ; une chambre de combustion (38) ; et des barres omnibus conductrices (B1, B2) destinées à extraire la puissance électrique générée dans les piles à combustible, le module de piles à combustible ne comportant pas d’organe de récipient extérieur destiné à accueillir l’empilement de piles à combustible, et les barres omnibus ayant chacune leur côté d’extrémité de base disposée à une extrémité de l’empilement de piles à combustible tandis que leur côté d’extrémité distale est conçu pour faire saillie, sans pénétrer dans un organe de récipient extérieur, afin de permettre l’extraction directe hors du module de piles à combustible.
(JA)
本発明の燃料電池モジュール(1)は、複数の平板型の燃料電池セル(2a)を積層して構成された密閉型の燃料電池セルスタック(2)と、改質器(36)と、燃焼器(38)と、燃料電池セルにおいて発電された電力を取り出す導電性のバスバー(B1,B2)と、を有し、燃料電池モジュールは、燃料電池セルスタックを収容する外郭容器部材を備えておらず、バスバーは、その基端側が燃料電池セルスタックの端部に設けられていると共に、先端側が外郭容器部材を貫通することなく燃料電池モジュールの外部で直接的に取り出し可能に突出している。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報