処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129369 - キャリブレーション装置とキャリブレーション方法とプログラムおよびキャリブレーションシステムとキャリブレーションターゲット

公開番号 WO/2020/129369
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/039994
国際出願日 10.10.2019
IPC
G01S 7/40 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
7グループG01S13/00,G01S15/00,G01S17/00による方式の細部
02グループG01S13/00による方式のもの
40監視または校正用の手段
G01S 13/86 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
86レーダ方式と非レーダ方式,例.ソナー,方位測定機,との組合せ
G01S 13/87 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
87レーダ方式,例.一次レーダと二次レーダ,の組合せ
G01S 13/93 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
88特定の応用に特に適合したレーダ方式または類似の方式
93衝突防止目的のもの
出願人
  • ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 SONY SEMICONDUCTOR SOLUTIONS CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 山本 英明 YAMAMOTO, Hideaki
代理人
  • 宮田 正昭 MIYATA, Masaaki
  • 山田 英治 YAMADA, Eiji
  • 佐々木 榮二 SASAKI, Eiji
  • 澤田 俊夫 SAWADA, Toshio
優先権情報
2018-23526817.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CALIBRATION DEVICE, CALIBRATION METHOD, PROGRAM, CALIBRATION SYSTEM, AND CALIBRATION TARGET
(FR) DISPOSITIF D'ÉTALONNAGE, PROCÉDÉ D'ÉTALONNAGE, PROGRAMME, SYSTÈME D'ÉTALONNAGE ET CIBLE D'ÉTALONNAGE
(JA) キャリブレーション装置とキャリブレーション方法とプログラムおよびキャリブレーションシステムとキャリブレーションターゲット
要約
(EN)
A calibration unit 60 acquires detection signals indicating calibration target detection results generated for each of a plurality of sensors of a sensor unit 40. A state detection unit 61 uses the detection signals to detect the state of a calibration target. A time difference correction amount setting unit 65 uses a calibration target state detection result obtained by the state detection unit 61 to calculate the time difference between the detection signals generated for each of the sensors of the sensor unit 40, and uses the result of the calculation to set a time difference correction amount. This makes it possible to correct the time lag between the information acquired by the plurality of sensors of the sensor unit 40 on the basis of the time difference correction amount set by the time difference correction amount setting unit 65.
(FR)
Une unité d'étalonnage 60 obtient des signaux de détection indiquant des résultats de détection de cible d'étalonnage générés pour chaque capteur d'une pluralité de capteurs d'une unité de capteurs 40. Une unité de détection d'état 61 utilise les signaux de détection pour détecter l'état d'une cible d'étalonnage. Une unité de réglage de quantité de correction de différence de temps 65 utilise un résultat de détection d'état de cible d'étalonnage obtenu par l'unité de détection d'état 61 pour calculer la différence de temps entre les signaux de détection générés pour chacun des capteurs de l'unité de capteurs 40, et utilise le résultat du calcul pour régler une quantité de correction de différence de temps. Ainsi, il est possible de corriger le retard temporel entre les informations obtenues par la pluralité de capteurs de l'unité de capteurs 40 sur la base de la quantité de correction de différence de temps réglée par l'unité de réglage de quantité de correction de différence de temps 65.
(JA)
キャリブレーション部60は、センサ部40において複数のセンサ毎に生成されたキャリブレーションターゲットの検知結果を示す検知信号を取得する。状態検出部61は、検知信号を用いてキャリブレーションターゲットの状態を検出する。時間差補正量設定部65は、状態検出部61で得られたキャリブレーションターゲットの状態検出結果を用いて、センサ部40のセンサ毎に生成された検知信号間の時間差を算出して、算出結果に基づき時間差補正量を設定する。センサ部40の複数のセンサで取得された情報の時間的なずれを、時間差補正量設定部65で設定された時間差補正量に基づき、補正できるようになる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報