処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129337 - 電縫鋼管

公開番号 WO/2020/129337
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/036550
国際出願日 18.09.2019
IPC
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
C21D 8/10 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
10管状体の製造中におけるもの
C21D 9/08 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
08管状体およびパイプ用
C21D 9/50 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
50溶接継手部用
C22C 38/38 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
18クロムを含有するもの
38マンガンを1.5重量%より多く共に含有するもの
C22C 38/58 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
18クロムを含有するもの
40ニッケルを共に含有するもの
58マンガンを1.5重量%より多く含有するもの
出願人
  • JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 荒谷 昌利 ARATANI Masatoshi
  • 松井 亮二 MATSUI Ryoji
  • 近藤 友則 KONDOU Tomonori
代理人
  • 杉村 憲司 SUGIMURA Kenji
優先権情報
2018-23769819.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ELECTRIC RESISTANCE WELDED STEEL PIPE
(FR) TUYAU EN ACIER SOUDÉ PAR RÉSISTANCE ÉLECTRIQUE
(JA) 電縫鋼管
要約
(EN)
Provided is an electric resistance welded steel pipe in which, despite a carbon content of 0.40% or more, quenching cracks do not occur and which also has excellent fatigue strength. The electric resistance welded steel pipe has a component composition consisting of, in mass%, C: 0.40-0.55%, Si: 0.10-1.0%, Mn: 0.10-2.0%, P: 0.10% or less, S: 0.010% or less, Al: 0.010-0.100%, Cr: 0.05-0.30%, Ti: 0.010-0.050%, B: 0.0005-0.0030%, Ca: 0.0001-0.0050%, and N: 0.0005-0.0050%, the balance being Fe and unavoidable impurities, and the outer surface and the inner surface have ferrite decarburized layers of 20-50 μm depth from the surface.
(FR)
L'invention concerne un tuyau en acier soudé par résistance électrique dans lequel, malgré une teneur en carbone supérieure ou égale à 0,40 %, des criques de trempe n’apparaissent pas et présentant également une excellente résistance à la fatigue. Le tuyau en acier soudé par résistance électrique a une composition de constituants constituée, en % en masse : de 0,40 à 0,55 % de C, de 0,10 à 1,0% de Si, de 0,10 à 2,0 % de Mn, 0,10 % ou moins de P, 0,010 % ou moins de S, de 0,010 à 0,100 % d’Al, de 0,05 à 0,30 % de Cr, de 0,010 à 0,050 % de Ti, de 0,0005 à 0,0030 % de B, de 0,0001 à 0,0050 % de Ca, et de 0,0005 à 0,0050 % de N, le reste étant du Fe et des impuretés inévitables, et la surface extérieure et la surface intérieure comprenant des couches de ferrite décarburée de 20 à 50 µm de profondeur à partir de la surface.
(JA)
炭素量が0.40%以上であるにもかかわらず、焼割れが発生せず、かつ疲労強度にも優れた電縫鋼管を提供する。 質量%で、 C :0.40~0.55%、 Si:0.10~1.0%、 Mn:0.10~2.0%、 P :0.10%以下、 S :0.010%以下、 Al:0.010~0.100%、 Cr:0.05~0.30%、 Ti:0.010~0.050%、 B :0.0005~0.0030%、 Ca:0.0001~0.0050%、および N :0.0005~0.0050%を含み、 残部Feおよび不可避的不純物からなる成分組成を有し、 外表面および内表面に、表面からの深さが20~50μmであるフェライト脱炭層を有する、電縫鋼管。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報