処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129288 - 空気入りタイヤ

公開番号 WO/2020/129288
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/027924
国際出願日 16.07.2019
IPC
B60C 5/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
5膨張可能な空気入りタイヤまたは内部チューブ
B60C 19/12 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
19他に分類されないタイヤの部品または構造
12パンク防止装置
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 石原 大雅 ISHIHARA Taiga
代理人
  • 杉村 憲司 SUGIMURA Kenji
優先権情報
2018-23570417.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PNEUMATIC TIRE
(FR) PNEUMATIQUE
(JA) 空気入りタイヤ
要約
(EN)
In this pneumatic tire, a sound-absorbing material is disposed on the tire inner surface with a sealant layer interposed therebetween, the sound-absorbing material having laminated therein two or more sound-absorbing layers comprising a non-woven cloth.
(FR)
L'invention concerne un pneumatique dans lequel un matériau insonorisant est disposé sur la surface interne de pneumatique, une nappe d'étanchéité étant interposée entre ceux-ci, le matériau insonorisant possédant, stratifié en son sein, deux nappes insonorisantes ou plus comprenant un tissu non tissé.
(JA)
本発明の空気入りタイヤは、タイヤ内面に、吸音材がシーラント層を介して配置され、前記吸音材は、不織布からなる2層以上の吸音層が積層されてなる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報