処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129156 - 無鉛快削りん青銅棒線材及び無鉛快削りん青銅棒線材の製造方法

公開番号 WO/2020/129156
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/046566
国際出願日 18.12.2018
IPC
C22C 9/02 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
02次に多い成分として錫を含むもの
C22C 9/06 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
06次に多い成分としてニッケルまたはコバルトを含むもの
C22F 1/08 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
08銅または銅基合金
C22F 1/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人
  • 株式会社栗本鐵工所 KURIMOTO, LTD. [JP]/[JP]
  • 株式会社藤井製作所 FUJII MANUFACTURING CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 平井 良政 HIRAI Yoshimasa
  • 小川 耕平 OGAWA Kouhei
  • 大塚 達哉 OOTSUKA Tatsuya
  • 藤井 隆 FUJII Takashi
  • 清水 昭央 SHIMIZU Akio
  • 松木 祥人 MATSUGI Yoshito
  • 五日市 安志知 ITSUKAICHI Yashitomo
代理人
  • 特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LEAD-FREE CUTTING PHOSPHOR BRONZE BAR OR WIRE ROD MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING LEAD-FREE CUTTING PHOSPHOR BRONZE BAR OR WIRE ROD MATERIAL
(FR) BARRE DE COUPE DE BRONZE PHOSPHOREUX SANS PLOMB OU MATÉRIAU DE FIL MACHINE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE BARRE DE COUPE DE BRONZE PHOSPHOREUX SANS PLOMB OU DE MATÉRIAU DE FIL MACHINE
(JA) 無鉛快削りん青銅棒線材及び無鉛快削りん青銅棒線材の製造方法
要約
(EN)
A lead-free cutting phosphor bronze bar or wire rod material comprises 1.5 to 7.0% by mass of Sn, 0.5 to 7.0% by mass of Ni, 0.02 to 0.6% by mass of S and 0.01 to 0.35% by mass of P, with the remainder made up by Cu and unavoidable impurities.
(FR)
La présente invention concerne une barre de coupe de bronze phosphoreux sans plomb ou un matériau de fil machine qui comprend de 1,5 à 7,0 % en masse de Sn, de 0,5 à 7,0 % en masse de Ni, de 0,02 à 0,6 % en masse de S et de 0,01 à 0,35 % en masse de P, le complément étant constitué de Cu et d'impuretés inévitables.
(JA)
無鉛快削りん青銅棒線材は、Snを1.5~7.0質量%、Niを0.5~7.0質量%、Sを0.02~0.6質量%、Pを0.01~0.35質量%含有し、残部をCu及び不可避的不純物からなる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報