処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122251 - 空気入りタイヤ

公開番号 WO/2020/122251
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049039
国際出願日 13.12.2019
IPC
B29D 30/30 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Dプラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造
30空気タイヤもしくは中実タイヤまたはその部品の製造
06空気タイヤまたはその部品
08タイヤの組立て
20フラットタイヤ法によるもの,すなわち円筒状ドラム上での組立て
30層の装着;装着時の層の案内または引張り
B60C 9/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
B60C 15/04 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
15タイヤビード,例.プライ折返しまたは折重ね
04ビード芯
B60C 15/06 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
15タイヤビード,例.プライ折返しまたは折重ね
06フリッパストリップ,フィラーまたはチェーファストリップ
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 大澤 靖雄 OHSAWA Yasuo
  • 吉見 拓也 YOSHIMI Takuya
代理人
  • 本多 一郎 HONDA Ichiro
優先権情報
2018-23392313.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PNEUMATIC TIRE
(FR) PNEUMATIQUE
(JA) 空気入りタイヤ
要約
(EN)
This pneumatic tire 1, which achieves a high level of driving comfort and operation safety, comprises a bead core 5 in which, in the tire width direction cross section, the ratio of the maximum width of the core and the height of the core is less than or equal to 0.8. In at least one section between the bead 2 and the side wall 3, a cord 9 is provided that forms an angle of 0°-10° with respect to the circumferential direction. The cord 9 has an inflection point in the stress-strain curve, and has a low elastic modulus in the low-strain region at and below the deflection point, and a high elastic modulus in the high-strain region above the deflection point.
(FR)
Selon l'invention, un pneumatique (1) conciliant à haut niveau confort de conduite et stabilité de direction, est tel qu'une tringle de talon (5) présente un rapport de largeur maximale de tringle et de hauteur de tringle inférieur ou égal à 0,8 dans un plan transversal de direction largeur de pneumatique. Un câble (9) est agencé au moins dans une portion allant d'une partie talon (2) à une partie flanc (3), formant un angle de 0 à 10° vis-à-vis de la direction périphérique. Le câble (9) présente un point d'inflexion sur une courbe contrainte-déformation, et présente un faible module d'élasticité dans une région de faible distorsion à un niveau inférieur ou égal au point d'inflexion, et un module d'élasticité élevé dans une région de distorsion élevée à un niveau supérieur au point d'inflexion.
(JA)
乗り心地と操縦安定性とを高いレベルで両立させた空気入りタイヤ1は、ビードコア5が、タイヤ幅方向断面において、該コアの最大幅と該コアの高さとの比が0.8以下である。ビード部2からサイドウォール部3までの少なくとも一部分に、周方向に対して0~10°の角度をなしてコード9が設けられている。コード9が、応力-歪曲線において変曲点を有し、該変曲点以下の低歪領域では低弾性率を、変曲点を超えた高歪領域では高弾性率を有するものである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報