処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122243 - 医薬組成物及びその製造方法

公開番号 WO/2020/122243
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049019
国際出願日 13.12.2019
IPC
A61K 31/427 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
412個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
425チアゾール
427非縮合チアゾールを持ち,さらに複素環を含むもの
A61K 31/513 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
505ピリミジン;水素添加ピリミジン,例.トリメトプリム
513複素環に直接結合したオキソ基を持つもの,例.シトシン
A61K 45/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45A61K31/00~A61K41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A61K 9/20 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
20丸剤,ひし形剤または錠剤
A61K 47/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47使用する不活性成分,例.担体または不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤;活性成分と化学結合した標的剤または修飾剤
02無機物質
A61K 47/32 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47使用する不活性成分,例.担体または不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤;活性成分と化学結合した標的剤または修飾剤
30高分子有機化合物または高分子無機化合物,例.無機ポリリン酸
32炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる高分子化合物,例.カルボマー
出願人
  • 富士フイルム株式会社 FUJIFILM CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 加納 敦 KANO, Atsushi
  • 豊永 翔 TOYONAGA, Sho
代理人
  • 特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO
優先権情報
2018-23468914.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PHARMACEUTICAL COMPOSITION AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) COMPOSITION PHARMACEUTIQUE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELLE-CI
(JA) 医薬組成物及びその製造方法
要約
(EN)
A pharmaceutical composition comprising an amorphous solid dispersion which contains an amorphous substance serving as a pharmaceutical active ingredient and having a solubility in water of 0.1 mg/mL or less and an acidic polymeric compound and an antacid which is located on the outside of the amorphous solid dispersion, wherein the content of the antacid is 10 to 100 parts by mass relative to 100 parts by mass of the acidic polymeric compound; and a method for producing the pharmaceutical composition.
(FR)
L'invention concerne une composition pharmaceutique et un procédé de fabrication de celle-ci. Laquelle composition pharmaceutique contient : une dispersion solide de matière amorphe contenant à son tour une matière amorphe d'un principe actif pharmaceutique de solubilité dans l'eau inférieure ou égale à 0,1mg/mL, et un composé polymère acide ; et un antiacide présent côté externe de la dispersion solide de matière amorphe. La teneur en antiacide est comprise entre 10 et 100 parties en masse pour 100 parties en masse de composé polymère acide.
(JA)
水への溶解度が0.1mg/mL以下の医薬用有効成分の非晶質体、及び、酸性高分子化合物を含む非晶質固体分散体と、非晶質固体分散体の外側に存在する制酸剤と、を含み、制酸剤の含有量が、酸性高分子化合物100質量部に対して10質量部~100質量部である、医薬組成物並びにその製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報