処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122239 - タイヤ

公開番号 WO/2020/122239
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048999
国際出願日 13.12.2019
IPC
B60C 9/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
B60C 9/18 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
18ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
B60C 9/22 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
18ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
20ゴム引きのほぼ平行な索条プライで作るもの
22タイヤの円周に沿って配列した索条プライ
B60C 15/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
15タイヤビード,例.プライ折返しまたは折重ね
B60C 15/06 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
15タイヤビード,例.プライ折返しまたは折重ね
06フリッパストリップ,フィラーまたはチェーファストリップ
B60C 11/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
11タイヤのトレッドバンド;トレッドの模様;滑り止め用そう入物
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • ▲高▼田 敬士 TAKADA Hiroshi
  • 本田 真悟 HONDA Shingo
代理人
  • 三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu
  • 伊藤 正和 ITO Masakazu
  • 高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio
優先権情報
2018-23425214.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TIRE
(FR) PNEU
(JA) タイヤ
要約
(EN)
A belt layer (50) of this pneumatic tire (10) includes one inclined belt (50A) having an inclined cord that inclines in relation to the tire width direction, and a circumferential-direction belt (50B) provided on the tire-radial-direction outer side of the inclined belt (50A), the circumferential-direction belt (50B) having a circumferential-direction cord (52) wrapped along the tire circumferential direction. The inclined cord and the circumferential-direction cord are formed from prescribed organic fibers. The tread thickness (T1) along the tire radial direction of rubber constituting a tread section (20) in a position at the tire equator line CL is 5mm or less.
(FR)
La présente invention concerne une couche de courroie (50) de ce pneumatique (10) qui comprend une courroie inclinée (50A) comprenant un cordon incliné qui s'incline par rapport au sens de la largeur du pneu, et une courroie de direction circonférentielle (50B) disposée sur le côté extérieur dans la direction radiale du pneu de la courroie inclinée (50A), la courroie de direction circonférentielle (50B) comprenant un cordon de direction circonférentielle (52) enroulé le long de la direction circonférentielle du pneu. Le cordon incliné et le cordon de direction circonférentielle sont formés à partir de fibres organiques prescrites. L'épaisseur de bande de roulement (T1) le long de la direction radiale du pneu du caoutchouc constituant une section de bande de roulement (20) dans une position au niveau de la ligne équatoriale de pneu CL est de 5 mm ou moins.
(JA)
空気入りタイヤ(10)のベルト層(50)は、タイヤ幅方向に対して傾斜する傾斜コードを有する1枚の傾斜ベルト(50A)と、傾斜ベルト(50A)のタイヤ径方向外側に設けられ、タイヤ周方向に沿って巻き回される周方向コード(52)を有する周方向ベルト(50B)とを含む。傾斜コード及び周方向コードは、所定の有機繊維によって形成される。タイヤ赤道線CLの位置におけるトレッド部(20)を構成するゴムのタイヤ径方向に沿ったトレッド厚さ(T1)は、5mm以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報