処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122222 - 洋梨果汁精製物の製造方法

公開番号 WO/2020/122222
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048846
国際出願日 13.12.2019
IPC
A23F 3/16 2006.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
Fコーヒー;茶:それらの代用品;それらの製造,調製または煎出
3茶;茶の代用品;それらの調製品
16茶の抽出;茶抽出物;茶抽出物の処理;インスタント茶の製造
A23L 19/00 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
19果実または野菜からの製品;それらの調製または処理
A23L 27/00 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
27香辛料;風味剤または調味料;人工甘味剤;食卓塩;食餌療法用の代用塩;それらの調製または処理
A23L 2/00 2006.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調製
出願人
  • 花王株式会社 KAO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 尾関 江理 OZEKI, Eri
  • 橋爪 浩二郎 HASHIZUME, Kohjiro
  • 大木 余里子 OOKI, Yoriko
代理人
  • 特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE
優先権情報
2018-23378113.12.2018JP
2018-23378213.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING REFINED PRODUCT OF PEAR JUICE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PRODUIT RAFFINÉ DE JUS DE POIRE
(JA) 洋梨果汁精製物の製造方法
要約
(EN)
To provide an astringency reducing agent that has a strong effect of reducing astringency. An astringency reducing agent that comprises a cold ethanol precipitate of a pear juice as an active ingredient. A method for producing an astringency reducing agent, said method comprising: allowing a liquid mixture containing a pear juice and ethanol to stand at a low temperature to form a precipitate; and collecting the precipitate thus obtained.
(FR)
L'invention vise à produire un agent réducteur d'astringence qui a un effet puissant de réduction de l'astringence. L'invention réalise à cet effet un agent de réduction d'astringence qui comprend un précipité d'éthanol froid d'un jus de poire en tant que principe actif. L'invention concerne également un procédé de production d'un agent de réduction d'astringence, ledit procédé comprenant les étapes suivantes : laisser un mélange liquide contenant un jus de poire et de l'éthanol reposer à basse température pour former un précipité ; et collecter le précipité ainsi obtenu.
(JA)
渋味抑制作用の高い渋味抑制剤の提供。洋梨果汁の低温下エタノール沈殿産物を有効成分とする渋味抑制剤。洋梨果汁及びエタノールを含有する混合液を低温下に置き、沈殿を生成させること、及び、得られた沈殿を回収することを含む、渋味抑制剤の製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報