処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122197 - ハニカムサンドイッチパネル、光学装置および人工衛星

公開番号 WO/2020/122197
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048784
国際出願日 12.12.2019
IPC
B32B 3/12 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
10不連続な層,すなわち空隙を有するかまたは分離した材料片から形成された層を特徴とするもの
12一体的に形成されているか個々に形成されているかにかかわらず規則的に配列されたセル層を特徴とするものまたは分離した条片の結合を特徴とするもの,例.ハニカム構造体
B32B 15/01 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
01すべての層がもっぱら金属質であるもの
B32B 15/08 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08合成樹脂の層に隣接したもの
G02B 5/08 2006.01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
5レンズ以外の光学要素
08反射鏡
B64G 1/22 2006.01
B処理操作;運輸
64航空機;飛行;宇宙工学
G宇宙航行;宇宙航行体またはその装備
1宇宙航行体
22宇宙航行体の部品または,宇宙航行体に特に適合した装備品
B64G 1/66 2006.01
B処理操作;運輸
64航空機;飛行;宇宙工学
G宇宙航行;宇宙航行体またはその装備
1宇宙航行体
22宇宙航行体の部品または,宇宙航行体に特に適合した装備品
66他に分類されない計器,器具の配置または適用
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 服部 友哉 HATTORI, Tomoya
  • 川口 昇 KAWAGUCHI, Noboru
  • 仲尾次 利崇 NAKAOJI, Toshitaka
  • 及川 厚武 OIKAWA, Atsumu
代理人
  • 村上 加奈子 MURAKAMI, Kanako
  • 松井 重明 MATSUI, Jumei
  • 倉谷 泰孝 KURATANI, Yasutaka
優先権情報
2018-23312813.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) HONEYCOMB SANDWICH PANEL, OPTICAL DEVICE, AND ARTIFICIAL SATELLITE
(FR) PANNEAU SANDWICH EN NID D'ABEILLES, DISPOSITIF OPTIQUE ET SATELLITE ARTIFICIEL
(JA) ハニカムサンドイッチパネル、光学装置および人工衛星
要約
(EN)
The objective of the present invention is to provide a honeycomb sandwich panel of which the absolute value of the thermal expansion coefficient is smaller than the absolute value of the thermal expansion coefficient obtained when carbon fiber reinforced plastic (CFRP) is employed. This honeycomb sandwich panel 20 is provided with: a first skin 21, which is a sheet material manufactured from a low expansion metal, being a metal of which the absolute value of the thermal expansion coefficient is less than that of CFRP; a second skin 23, which is a sheet material manufactured from a low expansion metal, and which is disposed in such a way as to face the first skin 21; and a core material 22 which is made from CFRP or from a low expansion metal, is formed by arranging a plurality of cylinders having a hexagonal cross section adjacent to one another, and is joined to the first skin 21 and the second skin 23.
(FR)
L'objectif de la présente invention est de fournir un panneau sandwich en nid d'abeilles dont la valeur absolue du coefficient de dilatation thermique est inférieure à la valeur absolue du coefficient de dilatation thermique obtenu lorsque du plastique renforcé par des fibres de carbone (CFRP) est utilisé. Le panneau sandwich en nid d'abeilles (20) selon l'invention est pourvu : d'une première peau (21), qui est un matériau en feuille fabriqué à partir d'un métal à faible dilatation, qui est un métal dont la valeur absolue du coefficient de dilatation thermique est inférieure à celle du CFRP ; d'une seconde peau (23), qui est un matériau en feuille fabriqué à partir d'un métal à faible dilatation et qui est disposée de manière à faire face à la première peau (21) ; et d'un matériau de cœur (22) qui est fait de CFRP ou à partir d'un métal à faible dilatation, est formé par agencement d'une pluralité de cylindres ayant une section transversale hexagonale de manière adjacente les uns aux autres, et est relié à la première peau (21) et à la seconde peau (23).
(JA)
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用する場合に得られる熱膨張係数の絶対値よりも小さい熱膨張係数の絶対値を有するハニカムサンドイッチパネルを得る。 ハニカムサンドイッチパネル20は、熱膨張係数の絶対値がCFRPよりも小さい金属である低膨張金属で製造された板材である第1スキン材21と、低膨張金属で製造された、第1スキン材21と対向するように配置された板材である第2スキン材23と、断面が六角形である複数の筒を隣接して形成して第1スキン材21および第2スキン材23に接合した、CFRPまたは低膨張金属で製造されたコア材22とを備えた。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報