処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122159 - 空気入りタイヤ

公開番号 WO/2020/122159
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048608
国際出願日 12.12.2019
IPC
B60C 3/04 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
3横断面に特徴があるタイヤ
04断面の相対寸法に特徴があるもの,例.偏平タイヤ
B60C 9/20 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
18ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
20ゴム引きのほぼ平行な索条プライで作るもの
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 柴田 紗生 SHIBATA Saki
代理人
  • 三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu
  • 伊藤 正和 ITO Masakazu
  • 高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio
優先権情報
2018-23362913.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PNEUMATIC TIRE
(FR) PNEUMATIQUE
(JA) 空気入りタイヤ
要約
(EN)
The outer diameter of this pneumatic tire (10) is 350-600 mm, and, defining RW as the rim width of a rim wheel (100) assembled on the pneumatic tire (10) and SW as the tire width of the pneumatic tire, the relation 0.78≤RW/SW≤0.99 holds. A belt layer is wound spirally in the circumferential direction of the tire, and includes a sheath belt.
(FR)
Le diamètre extérieur de ce pneumatique (10) est de 350 à 600 mm et, en définissant RW comme la largeur de jante d'une roue (100) assemblée sur le pneu (10) et SW comme la largeur du pneu, on a la relation 0,78≤RW/SW≤0,99. Une couche de nappe ceinture est enroulée en spirale dans la direction circonférentielle du pneu, et comprend une nappe carcasse.
(JA)
空気入りタイヤ(10)の外径は、350mm以上、600mm以下であり、空気入りタイヤ(10)に組み付けられるリムホイール(100)のリム幅をRW、空気入りタイヤのタイヤ幅をSWとした場合、0.78≦RW/SW≦0.99の関係を満たす。ベルト層は、タイヤ周方向に沿って螺旋状に巻き回されシースベルトを含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報