処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122132 - スライドレールユニット及びスライドレールユニットの製造方法

公開番号 WO/2020/122132
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048524
国際出願日 11.12.2019
IPC
F16C 29/04 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
29直線運動だけをする部品用の軸受
04玉軸受またはころ軸受
C08J 5/24 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5高分子物質を含む成形品の製造
24その場で重合しうるプレポリマーによる物質の含浸,例.プレプレグの製造
A47B 88/40 2017.01
A生活必需品
47家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般
Bテーブル;机;事務用家具;キャビネット;たんす;家具の一般的細部
88テーブル,キャビネット,または類似の家具の引出し;引出し用ガイド
40滑動引出し;そのためのスライドまたはガイド
出願人
  • ミズノ テクニクス株式会社 MIZUNO TECHNICS CORPORATION [JP]/[JP]
  • THK株式会社 THK CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 野口 修一 NOGUCHI Shuichi
  • 片山 奏 KATAYAMA Kanade
  • 見波 敏郎 MINAMI Toshiro
  • 栗林 宏臣 KURIBAYASHI Hiroomi
代理人
  • 恩田 誠 ONDA Makoto
  • 恩田 博宣 ONDA Hironori
優先権情報
2018-23229212.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SLIDE RAIL UNIT AND METHOD FOR PRODUCING SLIDE RAIL UNIT
(FR) UNITÉ DE GLISSIÈRE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNITÉ DE GLISSIÈRE
(JA) スライドレールユニット及びスライドレールユニットの製造方法
要約
(EN)
This slide rail unit is equipped with a long first rail which has a first facing surface extending in the lengthwise direction of the first rail, a long second rail which extends along the first rail and has a second facing surface which faces the first facing surface, and a rolling element which is positioned between the first and second facing surfaces. The second rail is assembled so as to be capable of moving relative to the first rail, and a reinforcing part formed from a fiber-reinforced resin material demarcates the first and/or second facing surfaces.
(FR)
Cette invention concerne une unité de glissière équipée d'un premier rail long qui a une première surface frontale s'étendant dans la direction longitudinale du premier rail, un second rail long qui s'étend le long du premier rail et a une seconde surface frontale qui fait face à la première surface frontale, et un élément de roulement qui est positionné entre les première et seconde surfaces frontales. Le second rail est assemblé de manière à pouvoir se déplacer par rapport au premier rail, et une partie de renforcement formée à partir d'un matériau de résine renforcé de fibres délimite les première et/ou seconde surfaces frontale(s).
(JA)
スライドレールユニットは、長尺状の第1のレールであって、前記第1のレールの長手方向に沿って延びる第1対向面を有する第1のレールと、前記第1のレールに沿って延びる長尺状の第2のレールであって、前記第1対向面に対向する第2対向面を有する第2のレールと、前記第1対向面と前記第2対向面との間に配置される転動体と、を備える。前記第2のレールは、前記第1のレールに対して相対移動可能に組み付けられ、前記第1対向面及び前記第2対向面のうち少なくとも一方の対向面は、繊維強化樹脂材料で形成された補強部によって画定されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報