処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122048 - 動物細胞、動物細胞の製造方法および目的タンパク質の製造方法

公開番号 WO/2020/122048
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048215
国際出願日 10.12.2019
IPC
C12P 21/08 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21ペプチドまたは蛋白質の製造
08モノクローナル抗体
C12N 5/10 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C12N 15/12 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12動物蛋白質をコードする遺伝子
出願人
  • 富士フイルム株式会社 FUJIFILM CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 渡辺 裕也 WATANABE Yuya
  • 松浦 達也 MATSUURA Tatsuya
代理人
  • 特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.
優先権情報
2018-23159111.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ANIMAL CELLS, ANIMAL CELL PRODUCTION METHOD, AND TARGET PROTEIN PRODUCTION METHOD
(FR) CELLULES ANIMALES, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CELLULES ANIMALES ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PROTÉINE CIBLE
(JA) 動物細胞、動物細胞の製造方法および目的タンパク質の製造方法
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing animal cells capable of producing a target protein with a high yield, a production method for the animal cells, and a target protein production method using the animal cells. The present invention provides: animal cells in which MZB1/pERp1 is overexpressed, said animal cells including a gene that codes for a target protein and a transgene that codes for MZB1/pERp1 and is linked to a promoter; a production method for the mammalian cells; and a target protein production method using the mammalian cells.
(FR)
L’invention a pour but de fournir des cellules animales capables de produire une protéine cible avec un rendement élevé, un procédé de production pour les cellules animales, et un procédé de production de protéine cible utilisant les cellules animales. La présente invention concerne des cellules animales dans lesquelles MZB1/pERp1est surexprimé, lesdites cellules animales comprenant un gène codant pour une protéine cible et un transgène codant pour MZB1/pERp1 et étant lié à un promoteur; un procédé de production pour les cellules de mammifère; et un procédé de production de protéine cible utilisant les cellules de mammifère.
(JA)
本発明の課題は、目的タンパク質を高い生産性で製造することができる動物細胞、上記動物細胞の製造方法、および上記動物細胞を使用した目的タンパク質の製造方法を提供することである。本発明によれば、目的タンパク質をコードする遺伝子と、MZB1/pERp1をコードする外来遺伝子であってプロモーターに連結された外来遺伝子とを有し、上記MZB1/pERp1が過剰発現している、動物細胞;上記動物細胞の製造方法;および上記動物細胞を使用した目的タンパク質の製造方法が提供される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報