処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122036 - 消化管ステント

公開番号 WO/2020/122036
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048174
国際出願日 10.12.2019
IPC
A61F 2/04 2013.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
F血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2血管への植込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
02身体内への植込み式人工器官
04器官の中空部分または管状部分,例.膀胱,気管,気管支または胆管
A61F 2/86 2013.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
F血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2血管への植込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
82人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
86ワイヤ状の要素により形成されたことに特徴のあるステント;ネット状またはメッシュ状の構造により形成されたことに特徴のあるステント
出願人
  • 川澄化学工業株式会社 KAWASUMI LABORATORIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 白濱 憲昭 SHIRAHAMA, Noriaki
代理人
  • 特許業務法人鷲田国際特許事務所 WASHIDA & ASSOCIATES
優先権情報
2018-23362813.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GASTROINTESTINAL STENT
(FR) STENT GASTRO-INTESTINAL
(JA) 消化管ステント
要約
(EN)
Provided is a gastrointestinal stent that can be placed accurately at a placement target site of the gastrointestinal tract. A gastrointestinal stent (large intestine stent 1) is a gastrointestinal stent that is placed inside the gastrointestinal tract (large intestine C) and has a tubular shape. The gastrointestinal stent comprises: a skeleton portion (11) capable of expanding and contracting in a radial direction substantially perpendicular to an axial direction; and a conversion means (restraint string 13) capable of converting one portion (rear end portion 11b) of the skeleton portion in the axial direction from the contracted state to the expanded state while keeping the other portion (front end portion 11a) of the skeleton portion in the contracted state.
(FR)
La présente invention concerne un stent gastro-intestinal qui peut être placé avec précision au niveau d’un site de placement cible du tractus gastro-intestinal. Un stent gastro-intestinal (stent de gros intestin 1) est un stent gastro-intestinal qui est placé à l’intérieur du tractus gastro-intestinal (gros intestin C) et a une forme tubulaire. Le stent gastro-intestinal comprend : une partie de squelette (11) capable de se dilater et de se contracter dans une direction radiale sensiblement perpendiculaire à une direction axiale ; et un moyen de conversion (chaîne de retenue 13) capable de convertir une partie (partie d’extrémité arrière 11b) de la partie de squelette dans la direction axiale de l’état contracté à l’état dilaté tout en maintenant l’autre partie (partie d’extrémité avant 11a) de la partie de squelette dans l’état contracté.
(JA)
消化管の留置目標部位に精度よく留置させることができる消化管ステントを提供する。消化管ステント(大腸ステント1)は、消化管(大腸C)内に留置される消化管ステントであって、筒形状を有し、軸方向に略直交する径方向に拡縮可能な骨格部(11)と、骨格部における軸方向の一の部分(先端部11a)を収縮状態に維持したまま、他の部分(後端部11b)を収縮状態から拡張状態に変換可能な変換手段(拘束紐13)と、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報