処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122034 - 抗体-薬物コンジュゲートとPARP阻害剤の組み合わせ

公開番号 WO/2020/122034
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048171
国際出願日 10.12.2019
IPC
A61K 31/4184 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
412個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
41641,3一ジアゾール,例.イミダゾール
4184炭素環と縮合したもの,例.ベンズイミダゾール
A61K 31/454 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
4523さらに複素環系を含有するもの
454環異種原子として窒素を有する5員環を含むもの,例.ピモジド,ドンペリドン
A61K 31/4745 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47キノリン;イソキノリン
4738複素環系とオルソ又はペリ縮合したもの
4745環異種原子として室素を持つ環系で縮合したもの,例.フェナントロリン
A61K 31/502 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
50ピリダジン;水素添加ピリダジン
502炭素環系とオルソ又はペリ縮合したもの,例.シンノリン,フタラジン
A61K 31/5025 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
50ピリダジン;水素添加ピリダジン
5025複素環系とオルソ又はペリ縮合したもの
A61K 31/55 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
557員環を持つもの,例.アゼラスチン,ペンチレンテトラゾール
出願人
  • 第一三共株式会社 DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 扇谷 祐輔 OGITANI Yusuke
  • 岡嶌 大祐 OKAJIMA Daisuke
  • 橋本 悠里 HASHIMOTO Yuuri
  • 鈴木 宏和 SUZUKI Hirokazu
代理人
  • 石橋 公樹 ISHIBASHI Koki
  • 竹元 利泰 TAKEMOTO Toshiyasu
優先権情報
2018-23194811.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMBINATION OF ANTIBODY-DRUG CONJUGATE WITH PARP INHIBITOR
(FR) COMBINAISON D'UN CONJUGUÉ ANTICORPS-MÉDICAMENT ET D'UN INHIBITEUR DE PARP
(JA) 抗体-薬物コンジュゲートとPARP阻害剤の組み合わせ
要約
(EN)
A pharmaceutical composition characterized in that an antibody-drug conjugate, in which a drug linker represented by the formula (wherein A represents an antibody binding site) is bonded to an antibody via a thioether bond, is combined with a PARP inhibitor and administered, and/or a therapeutic method characterized in that the antibody-drug conjugate is combined with a PARP inhibitor and administered to an individual.
(FR)
L'invention concerne une composition pharmaceutique caractérisée en ce qu'un conjugué anticorps-médicament, dans lequel un lieur de médicament représenté par la formule (où A représente un site de liaison à l'anticorps) est lié à un anticorps par l'intermédiaire d'une liaison thioéther, est combiné à un inhibiteur de PARP et administré, et/ou une méthode thérapeutique caractérisée en ce que le conjugué anticorps-médicament est combiné à un inhibiteur de PARP et administré à un individu.
(JA)
下式(式中、Aは抗体との結合位置を示す)で示される薬物リンカーと抗体とがチオエーテル結合によって結合した抗体-薬物コンジュゲートと、PARP阻害剤が、組み合わされて投与されることを特徴とする医薬組成物、及び/又は、該抗体-薬物コンジュゲートとPARP阻害剤が組み合わされて個体に投与されることを特徴とする治療方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報