処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020122007 - 2反応剤型のシート状組織接着補強材

公開番号 WO/2020/122007
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048068
国際出願日 09.12.2019
IPC
B32B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
C08G 81/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
81単量体の不存在下に重合体を相互に反応することにより得られる高分子化合物,例.ブロック重合体
A61L 15/26 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
15包帯,被覆用品,または吸収性パッドの化学的事項または材料の使用
16尿または血液のような生理学上の体液のための包帯,被覆用品または吸収性パッド,例.月経帯,タンポン
22高分子物質を含有するもの
26炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物;それらの誘導体
A61L 15/28 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
15包帯,被覆用品,または吸収性パッドの化学的事項または材料の使用
16尿または血液のような生理学上の体液のための包帯,被覆用品または吸収性パッド,例.月経帯,タンポン
22高分子物質を含有するもの
28多糖類またはそれらの誘導体
A61L 15/32 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
15包帯,被覆用品,または吸収性パッドの化学的事項または材料の使用
16尿または血液のような生理学上の体液のための包帯,被覆用品または吸収性パッド,例.月経帯,タンポン
22高分子物質を含有するもの
32蛋白質,ポリペプチド;それらの分解生成物または誘導体,例.アルブミン,コラーゲン,フィプリン,ゼラチン
A61L 15/42 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
15包帯,被覆用品,または吸収性パッドの化学的事項または材料の使用
16尿または血液のような生理学上の体液のための包帯,被覆用品または吸収性パッド,例.月経帯,タンポン
42それらの機能または物質的性質に特徴のある材料の使用
出願人
  • 株式会社ビーエムジー BMG INCORPORATED [JP]/[JP]
発明者
  • 谷田 周平 TANIDA, Shuhei
  • 藤村 元輝 FUJIMURA, Motoki
  • 糀谷 祐輔 KOJITANI, Yusuke
  • 長田 慎一 OSADA, Shinichi
  • 玄 優基 HYON, Woogi
  • 玄 丞烋 HYON, Suong-Hyu
代理人
  • 山下 託嗣 YAMASHITA, Takuji
  • 夫 世進 BOO, Sejin
優先権情報
2018-23495214.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TWO-REACTANT SHEET-FORM TISSUE-ADHESIVE-REINFORCING MATERIAL
(FR) MATÉRIAU DE RENFORCEMENT D'ADHÉSIF DE TISSU EN FORME DE FEUILLE À DEUX RÉACTIFS
(JA) 2反応剤型のシート状組織接着補強材
要約
(EN)
The present invention provides a sheet-form tissue-reinforcing material and a method for producing the same, wherein the sheet-form tissue-reinforcing material is configured as follows in order to achieve an excellent tissue-reinforcing effect and excellent handling properties without needing to use fibrinogen or clotting performance derived from a patient. This sheet-form tissue-reinforcing material includes a base-material sheet that is biodegradable and has a communicated porous structure, and an adhesive agent resin layer formed by being secured on the base-material sheet. The adhesive agent resin layer includes a first reactant including aldehydated glycan, and a second reactant including partial carboxylated polylysine, and has: a granular structure derived from a powder of the first reactant; and a connection layer derived from the second reactant, the connection layer being anchored to the base-material sheet and being mutually connected to the granular structure. A mixed powder of a two-reactant adhesive agent comprising the powder of the first reactant and a powder of the second reactant is used in order to produce the sheet-form tissue-reinforcing material. For example, the mixed powder is dispersed in ethanol having a water content of less than 1%, and a dispersion liquid thereof is applied to the base-material sheet and then dried.
(FR)
La présente invention porte sur un matériau de renforcement de tissu en forme de feuille et sur son procédé de production, le matériau de renforcement de tissu en forme de feuille étant configuré de la manière suivante afin d'obtenir un excellent effet de renforcement de tissu et d'excellentes propriétés de manipulation sans avoir besoin d'utiliser des performances de fibrinogène ou de coagulation dérivées d'un patient. Ce matériau de renforcement de tissu en forme de feuille comprend une feuille de matériau de base qui est biodégradable et qui présente une structure poreuse communiquée, et une couche de résine d'agent adhésif formée en étant fixée sur la feuille de matériau de base. La couche de résine d'agent adhésif comprend un premier réactif comprenant du glycane aldéhydé, et un second réactif comprenant de la polylysine partiellement carboxylée, et comporte : une structure granulaire dérivée d'une poudre du premier réactif ; et une couche de liaison dérivée du second réactif, la couche de liaison étant ancrée à la feuille de matériau de base et étant mutuellement reliée à la structure granulaire. Une poudre mélangée d'un agent adhésif à deux réactifs comprenant la poudre du premier réactif et une poudre du second réactif est utilisée afin de produire le matériau de renforcement de tissu en forme de feuille. Par exemple, la poudre mélangée est dispersée dans de l'éthanol ayant une teneur en eau inférieure à 1 %, et un liquide de dispersion de celle-ci est appliqué à la feuille de matériau de base et, ensuite, séché.
(JA)
シート状組織補強材及びその製造方法において、フィブリノゲン及び適用患者由来の凝血能を利用する必要なしに良好な組織補強効果及び取扱性を実現すべく、次のとおりとする。シート状組織補強材は、生体分解性及び連通多孔構造を有する基材シートと、この上に固定されて形成された接着剤樹脂層とを含む。この接着剤樹脂層は、アルデヒド化グリカンを含む第1反応剤と、部分カルボキシル化ポリリジンを含む第2反応剤とを含み、第1反応剤の粉末に由来する粒状構造と、第2反応剤に由来し、この粒状構造を、相互に連結するとともに基材シートに固定している連結層とを有する。シート状組織補強材を製造するためには、第1反応剤の粉末と、第2反応剤の粉末とからなる2反応剤型接着剤との混合粉末を用いる。例えば、この混合粉末を、含水率が1%未満のエタノール中に分散させ、この分散液を、基材シート上に塗布してから、乾燥させる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報