処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121979 - 液晶配向剤、液晶配向膜及び液晶表示素子

公開番号 WO/2020/121979
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047920
国際出願日 06.12.2019
IPC
G02F 1/1337 2006.01
G物理学
02光学
F光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333構造配置
1337液晶分子の界面による配向,例.配向層
C08G 73/10 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
73グループC08G12/00~C08G71/00に属さない,高分子の主鎖に酸素または炭素を有しまたは有せずに窒素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
06高分子の主鎖に窒素含有複素環を有する重縮合物;ポリヒドラジド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
10ポリイミド;ポリエステル―イミド;ポリアミド―イミド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
出願人
  • 日産化学株式会社 NISSAN CHEMICAL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 仲井 崇 NAKAI, Takashi
  • 須賀 貴裕 SUGA, Takahiro
代理人
  • 栗原浩之 KURIHARA, Hiroyuki
  • 山▲崎▼雄一郎 YAMAZAKI, Yuichiro
優先権情報
2018-23113810.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LIQUID-CRYSTAL ALIGNMENT AGENT, LIQUID-CRYSTAL ALIGNMENT FILM, AND LIQUID-CRYSTAL DISPLAY ELEMENT
(FR) AGENT D'ALIGNEMENT À CRISTAUX LIQUIDES, FILM D'ALIGNEMENT À CRISTAUX LIQUIDES ET ÉLÉMENT D'AFFICHAGE À CRISTAUX LIQUIDES
(JA) 液晶配向剤、液晶配向膜及び液晶表示素子
要約
(EN)
A liquid-crystal alignment agent which comprises a polyimide that is a product of reaction between a diamine ingredient and a tetracarboxylic acid dianhydride derivative ingredient comprising at least one dianhydride selected from among aliphatic tetracarboxylic acid dianhydrides and alicyclic tetracarboxylic acid dianhydrides, the diamine ingredient comprising at least one diamine selected from among diamines having a structure of formula [A], wherein the polyimide has a degree of imidization of 70% or higher. In formula [A], X1 and X2 are each independently an oxygen atom or a sulfur atom, R is shown by [-((CH2)2O)p(CH2)2-], and p is an integer of 1-3.
(FR)
Agent d'alignement de cristaux liquides comprenant un polyimide qui est un produit de réaction entre un ingrédient diamine et un ingrédient dérivé de dianhydride d'acide tétracarboxylique comprenant au moins un dianhydride choisi parmi des dianhydrides d'acide tétracarboxylique aliphatique et des dianhydrides d'acide tétracarboxylique alicyclique, l'ingrédient diamine comprenant au moins une diamine choisie parmi des diamines ayant une structure de formule [A], le polyimide ayant un degré d'imidisation de 70 % ou plus. Dans la formule [A], X1 et X2 représentent chacun indépendamment un atome d'oxygène ou un atome de soufre, R est représenté par[-((CH2)2O)p(CH2)2-] et p est un nombre entier de 1 à 3.
(JA)
脂肪族テトラカルボン酸二無水物及び脂環式テトラカルボン酸二無水物から選ばれる少なくとも1種からなるテトラカルボン酸二無水物誘導体成分とジアミン成分との反応物であるポリイミドを含有する液晶配向剤であり、ジアミン成分が、下記式[A]の構造を有するジアミンから選ばれる少なくとも1種を含有し、ポリイミドのイミド化率が70%以上である、液晶配向剤。式中X、Xはそれぞれ独立に酸素原子又は硫黄原子であり、Rは[-((CHO)(CH-]で表され、pは1から3の整数である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報