処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121978 - 根付部の耐食性に優れた熱交換器用多層クラッド材および熱交換器

公開番号 WO/2020/121978
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047912
国際出願日 06.12.2019
IPC
B23K 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
C22C 21/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
21アルミニウム基合金
F28F 21/08 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28熱交換一般
F一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
21特別の材料の選択に特徴のある熱交換装置の構造
08金属
F28F 9/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28熱交換一般
F一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
9外箱;管寄せ箱;要素の補助支持;外箱の補助部材
02管寄せ箱;鏡板
B23K 35/22 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22材料の組成または性質を特徴とするもの
B23K 35/28 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22材料の組成または性質を特徴とするもの
24適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28主成分が950°C以下の融点をもつもの
出願人
  • 三菱アルミニウム株式会社 MITSUBISHI ALUMINUM CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川上 隆之 KAWAKAMI Takayuki
  • 岩尾 祥平 IWAO Shohei
  • 石上 翔 ISHIGAMI Sho
代理人
  • 横井 幸喜 YOKOI Koki
優先権情報
2018-23251912.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) OUTER LAYER CLADDING MATERIAL FOR HEAT EXCHANGER HAVING EXCEPTIONAL CORROSION RESISTANCE IN ROOT PORTION, AND HEAT EXCHANGER
(FR) MATÉRIAU DE GAINAGE DE COUCHE EXTERNE POUR ÉCHANGEUR DE CHALEUR AYANT UNE RÉSISTANCE À LA CORROSION EXCEPTIONNELLE DANS LA PORTION DE RACINE, ET ÉCHANGEUR DE CHALEUR
(JA) 根付部の耐食性に優れた熱交換器用多層クラッド材および熱交換器
要約
(EN)
This outer layer cladding material for a heat exchanger exhibits the potential difference relationship E3 < E1 < E2, where E1 is the potential of a core material, E3 is the potential of eutectic solder of a filet formed at a joining part of a material to be soldered and the outer layer cladding material of the heat exchanger, and E2 is the potential of the material to be soldered. In addition, the potential difference ΔEA between E3 and E2 is 105 mV or higher, and the potential difference ΔEB between E3 and E1 is 80 mV or higher.
(FR)
L'invention concerne un matériau de gainage de couche externe pour un échangeur de chaleur qui présente la relation de différence de potentiel E3 < E1 < E2, où E1 est le potentiel d'un matériau de cœur, E3 est le potentiel de soudure eutectique d'un filet formé au niveau d'une partie de jonction d'un matériau à souder et du matériau de gainage de couche externe de l'échangeur de chaleur, et E2 est le potentiel du matériau à souder. En outre, la différence de potentiel ΔEA entre E3 et E2 est égale ou supérieure à 105 mV et la différence de potentiel ΔEB entre E3 et E1 est égale ou supérieure à 80 mV.
(JA)
熱交換器用多層クラッド材は、心材の電位をE1、ろう付対象材と熱交換器用多層クラッド材との接合部に形成されるフィレットの共晶ろうの電位をE3とし、ろう付対象材の電位がE2であるとき、E3<E1<E2の電位差の関係を有し、かつE3とE2の電位差ΔEが105mV以上かつE3とE1の電位差ΔEが80mV以上である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報