処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121878 - 電気化学デバイス用電極および電気化学デバイス

公開番号 WO/2020/121878
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047075
国際出願日 02.12.2019
IPC
H01G 11/24 2013.01
H電気
01基本的電気素子
Gコンデンサ;電解型のコンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置また感温装置
11ハイブリッドコンデンサ,すなわち異なる正と負の電極をもつコンデンサ;電気二重層コンデンサ;その製造のプロセスまたはその部品製造のプロセス
22電極
24電極を構成または組成する材料の構造的特色に特徴を有するもの,例.形態,表面積または空隙率;そこで用いられる粉末または粒子の構造的特色に特徴を有するもの
H01G 11/48 2013.01
H電気
01基本的電気素子
Gコンデンサ;電解型のコンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置また感温装置
11ハイブリッドコンデンサ,すなわち異なる正と負の電極をもつコンデンサ;電気二重層コンデンサ;その製造のプロセスまたはその部品製造のプロセス
22電極
30材料に特徴を有するもの
48導電性ポリマー
出願人
  • パナソニックIPマネジメント株式会社 PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENT CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 坂田 基浩 SAKATA Motohiro
  • 松村 菜穂 MATSUMURA Nao
  • 竹下 昌利 TAKESHITA Masatoshi
代理人
  • 鎌田 健司 KAMATA Kenji
  • 野村 幸一 NOMURA Koichi
優先権情報
2018-23077610.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ELECTROCHEMICAL DEVICE ELECTRODE AND ELECTROCHEMICAL DEVICE
(FR) ÉLECTRODE DE DISPOSITIF ÉLECTROCHIMIQUE ET DISPOSITIF ÉLECTROCHIMIQUE
(JA) 電気化学デバイス用電極および電気化学デバイス
要約
(EN)
This electrochemical device electrode comprises a conductive polymer as an active material, wherein the conductive polymer has a grain shape and, in an X-ray diffraction measurement, exhibits a first peak in which 2θ is observed in a range of from 18° to 21°, and a second peak in which 2θ is observed in a range of from 24° to 26°. Thus, the low-temperature characteristics of the electrochemical device are improved.
(FR)
La présente invention concerne une électrode de dispositif électrochimique qui comprend un polymère conducteur comme matériau actif, le polymère conducteur ayant la forme de grains et, dans une mesure de diffraction des rayons X, présentant un premier pic dans lequel 2θ est observé dans une plage de 18° à 21°, et un second pic dans lequel 2θ est observé dans une plage de 24° à 26°. Par conséquent, les caractéristiques à basse température du dispositif électrochimique sont améliorées.
(JA)
本発明の電気化学デバイス用電極は、導電性高分子を活物質として含み、導電性高分子は粒形状を有し、且つ、X線回折測定において、2θが18°~21°の範囲に観察される第1ピークと、2θが24°~26°の範囲に観察される第2ピークと、を有することで、電気化学デバイスとしての低温特性を改善させることができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報