処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121861 - フィルタ寿命予測装置

公開番号 WO/2020/121861
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046956
国際出願日 02.12.2019
IPC
B01D 29/00 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
29ろ過操作の間静止しているろ過体を有するグループB01D24/00~B01D27/00に包含されないろ過機,例.加圧または吸引ろ過機;そのためのろ過体
B01D 24/00 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
24不定形ろ過材,すなわち.その個々の粒子または繊維間が束縛されないろ過材を用いるろ過機
B01D 35/02 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
35グループB01D24/00~B01D33/00に明確には包含されない特徴を有するろ過装置またはグループB01D24/00~B01D33/00に明確には包含されない応用のためのろ過装置;ろ過操作のための付属装置;ろ過装置のハウジング構造
02特殊な場所に設置するために適合したろ過機,例.パイプライン,ポンプ,ストップコック
G01L 9/14 2006.01
G物理学
01測定;試験
L力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定
9電気的または磁気的感圧素子による流体または流動性固体の定常圧または準定常圧の測定;流体または流動性固体の定常圧または準定常圧の測定に用いられる機械的感圧素子の変位の電気的または磁気的手段による伝達または指示
14磁石,例.電磁石,の変位によるもの
出願人
  • ヤマシンフィルタ株式会社 YAMASHIN-FILTER CORP. [JP]/[JP]
発明者
  • 北島 信行 KITAJIMA Nobuyuki
  • 佐々木 順基 SASAKI Nobuki
代理人
  • 坂田 ゆかり SAKATA Yukari
優先権情報
2018-23194711.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FILTER LIFE PREDICTION DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE PRÉDICTION DE DURÉE DE VIE DE FILTRE
(JA) フィルタ寿命予測装置
要約
(EN)
This filter life prediction device can predict how long a filter medium can be used (the remaining time). During a first time interval, which is a time during which the filter device filters a liquid, a first differential pressure is detected, which is the differential pressure that is the pressure difference between the high-pressure side and the low-pressure side in the filter device, and on the basis of the first differential pressure and differential pressure characteristics, the remaining life is calculated, which indicates how long the filter medium can be used after said first time interval.
(FR)
La présente invention concerne un dispositif de prédiction de la durée de vie d'un filtre, pouvant prédire combien de temps un milieu filtrant peut être utilisé (le temps restant). Pendant un premier intervalle de temps, c'est-à-dire un temps pendant lequel le dispositif filtrant filtre un liquide, une première différence de pression est détectée, à savoir la différence de pression entre le côté à haute pression et le côté à basse pression dans le dispositif filtrant, et en fonction de la première différence de pression et des caractéristiques de la différence de pression, la durée de vie restante est calculée, cette dernière indiquant combien de temps le milieu filtrant peut être utilisé après ledit premier intervalle de temps.
(JA)
濾材をどの程度の時間使用することができるか(残りの時間)を予測することができる。 濾過装置が前記液体を濾過している間の時間である第1時間に、濾過装置における高圧側と低圧側との圧力差である差圧である第1差圧を検出し、第1差圧と差圧特性とに基づいて、濾材が第1時間からあとどの程度の時間使用可能であるかを示す残ライフを求める。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報