処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121795 - クローズドインペラ及びその製造方法

公開番号 WO/2020/121795
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046046
国際出願日 26.11.2019
IPC
F04D 29/28 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D非容積形ポンプ
29細部,構成部材または付属品(機械要素一般F16)
26圧縮性流体に特に適したロータ
28遠心またはら旋遠心ポンプのためのもの
F04D 29/44 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D非容積形ポンプ
29細部,構成部材または付属品(機械要素一般F16)
40ケーシング;作動流体のための配管
42半径またはら旋遠心ポンプのためのもの
44流体案内装置,例.ディフューザ
F04D 29/62 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D非容積形ポンプ
29細部,構成部材または付属品(機械要素一般F16)
60装備;組立;分解
62半径またはら旋遠心ポンプのもの
出願人
  • ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
  • 株式会社UACJ UACJ CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 岡田 忠司 OKADA Tadashi
  • 西村 公佑 NISHIMURA Kosuke
  • 上田 薫 UEDA Kaoru
  • 伊藤 泰永 ITOH Yasunaga
代理人
  • 特許業務法人あいち国際特許事務所 AICHI, TAKAHASHI, IWAKURA & ASSOCIATES
優先権情報
2018-23103110.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CLOSED IMPELLER AND MANUFACTURING METHOD THEREOF
(FR) ROUE FERMÉE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) クローズドインペラ及びその製造方法
要約
(EN)
A closed impeller (1) is made of an aluminum alloy and has: an impeller body (2) provided with a hub part (21) and vane parts (22) protruding from the hub part (21); and a shroud (3) that covers the vane parts (22). The vane parts (22) and the shroud (3) are bonded together by brazing joints (4) interposed between the vane parts (22) and the shroud (3). The shroud (3) is a brazing sheet (30) provided with a core member (31) made of an aluminum alloy and a brazing material layer (32) placed above the core member (31) and present on an outermost surface (33) facing the vane parts (22).
(FR)
L'invention concerne une roue fermée (1) est constituée d'un alliage d'aluminium et comprend : un corps de roue (2) pourvu d'une partie de moyeu (21) et de parties d'aube (22) qui font saillie à partir de la partie de moyeu (21) ; et un flasque (3) qui recouvre les parties d'aube (22). Les parties d'aube (22) et le flasque (3) sont liés ensemble par des joints de brasage (4) interposés entre les parties d'aube (22) et le flasque (3). Le flasque (3) est une feuille de brasage (30) pourvue d'un élément de noyau (31) constitué d'un alliage d'aluminium et d'une couche de matériau de brasage (32) placée au-dessus de l'élément de noyau (31) et présente sur une surface la plus à l'extérieur (33) faisant face aux parties d'aube (22).
(JA)
クローズドインペラ(1)は、アルミニウム合金からなり、ハブ部(21)と、ハブ部(21)から突出した羽根部(22)と、を備えたインペラ本体(2)と、羽根部(22)を覆うシュラウド(3)と、を有している。羽根部(22)とシュラウド(3)とは、羽根部(22)とシュラウド(3)との間に介在するろう付継手(4)によって接合されている。また、シュラウド(3)は、アルミニウム合金からなる心材(31)と、心材(31)上に配置され羽根部(22)に対向する最表面(33)に存在するろう材層(32)と、を備えたブレージングシート(30)である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報