処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121761 - ガラス繊維及びその製造方法

公開番号 WO/2020/121761
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/045412
国際出願日 20.11.2019
IPC
C03C 3/091 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3ガラスの組成物
04シリカを含むもの
076重量比で40%から90%シリカを有するもの
089ほう素を含むもの
091アルミニウムを含むもの
C03C 3/118 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3ガラスの組成物
04シリカを含むもの
076重量比で40%から90%シリカを有するもの
11ハロゲンまたは窒素を含むもの
112ふっ素を含むもの
115ほう素を含むもの
118アルミニウムを含むもの
C03C 13/00 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
13繊維またはフィラメント組成物
C03C 13/02 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
13繊維またはフィラメント組成物
02チタンまたはジルコニウムの化合物を含むもの
出願人
  • 日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 田中 悠和 TANAKA Yuka
優先権情報
2018-23407614.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GLASS FIBER AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) FIBRE DE VERRE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) ガラス繊維及びその製造方法
要約
(EN)
This glass fiber is characterized by containing, as the glass composition thereof in terms of % by mass, 45-70% SiO2, 0-20% Al2O3, 10-35% B2O3, 88-98% SiO2 + Al2O3 + B2O3, less than 0-0.7% Li2O + Na2O + K2O, 0.1-12% MgO + CaO, 0-3% TiO2, and less than 0-0.8% F2, the CaO/MgO mass ratio being 1.0 or less.
(FR)
La présente invention concerne une fibre de verre caractérisée en ce qu'elle contient, en tant que composition de verre de cette dernière en termes de % en masse, 45 à 70 % de SiO2, 0 à 20 % d'Al2O3, 10 à 35 % de B2O3, 88 à 98 % de SiO2 + Al2O3 + B2O3, moins de 0 à 0,7 % de Li2O + Na2O + K2O, 0,1 à 12 % de MgO + CaO, 0 à 3 % de TiO2, et moins de 0 à 0,8 % de F2, le rapport de masse de CaO/MgO étant inférieur ou égal à 1,0.
(JA)
本発明のガラス繊維は、ガラス組成として、質量%で、SiO 45~70%、Al 0~20%、B 10~35%、SiO+Al+B 88~98%、LiO+NaO+KO 0~0.7%未満、MgO+CaO 0.1~12%、TiO 0~3%、F 0~0.8%未満を含有し、且つ質量比CaO/MgOが1.0以下であることを特徴とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報