処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121670 - エアバッグ用織物およびエアバッグ用織物の製造方法

公開番号 WO/2020/121670
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042427
国際出願日 29.10.2019
IPC
D03D 1/02 2006.01
D繊維;紙
03織成
D織物;織成方法;織機
1特定物品を作るために設計された織物
02ふくらませられる物
B60R 21/16 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
R他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02乗員安全装置又は部品
16衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
B60R 21/235 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
R他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02乗員安全装置又は部品
16衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
23膨張可能な部材
235材料に特徴のあるもの
D03D 5/00 2006.01
D繊維;紙
03織成
D織物;織成方法;織機
5
D03D 13/00 2006.01
D繊維;紙
03織成
D織物;織成方法;織機
13たて糸またはよこ糸の特別な配列に特徴のある織物,例.わん曲したよこ糸をもつもの,途切れたたて糸をもつもの,はす状のたて糸またはよこ糸をもつもの
出願人
  • 東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 山田 陸 YAMADA, Riku
  • 川▲崎▼ 直樹 KAWASAKI, Naoki
  • 田中 伸明 TANAKA, Nobuaki
代理人
  • 特許業務法人朝日奈特許事務所 ASAHINA & CO.
優先権情報
2018-23432114.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AIRBAG FABRIC AND METHOD FOR MANUFACTURING AIRBAG FABRIC
(FR) TISSU DE COUSSIN DE SÉCURITÉ GONFLABLE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE TISSU DE COUSSIN DE SÉCURITÉ GONFLABLE
(JA) エアバッグ用織物およびエアバッグ用織物の製造方法
要約
(EN)
The present invention provides an airbag fabric comprising synthetic fibers, wherein at least one ear section of the fabric has a weaving yarn YA and a weaving yarn YB arranged in warp directions having respectively different crimp ratios, the weaving yarn YA and the weaving yarn YB are repeatedly arrayed, the crimp ratio CA of the weaving yarn YA and the crimp ratio CB of the weaving yarn YB satisfies the relationship CA ≥ CB × 1.2, and the crimp ratio CB is less than the crimp ratio CA.
(FR)
La présente invention concerne un tissu de coussin de sécurité gonflable comprenant des fibres synthétiques, au moins une section oreille du tissu ayant un fil de tissage YA et un fil de tissage YB placés dans des sens de chaîne ayant respectivement des taux de frisure différents, le fil de tissage YA et le fil de tissage YB sont disposés en réseau de manière répétée, le taux de frisure CA du fil de tissage YA et le taux de frisure CB du fil de tissage YB satisfont la relation CA ≥ CB × 1,2, et le taux de frisure CB est inférieur au taux de frisure CA.
(JA)
合成繊維からなるエアバッグ用織物において、前記織物の少なくとも一方の耳部は、それぞれ異なるクリンプ率をもつ経糸方向に配された織糸YAおよび織糸YBを有し、前記織糸YAおよび前記織糸YBは、繰り返し配列されており、前記織糸YAのクリンプ率CAと、前記織糸YBのクリンプ率CBとは、CA≧CB×1.2の関係を満たし、前記クリンプ率CBは、前記クリンプ率CAよりも小さい、エアバッグ用織物。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報