処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121657 - 圧延用ワークロールおよびこれを備えた圧延機ならびに圧延方法

公開番号 WO/2020/121657
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/041848
国際出願日 25.10.2019
IPC
B21B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B金属の圧延
27ロール;使用中におけるロールの潤滑,冷却または加熱
B21B 1/22 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B金属の圧延
1中実または輪かく状断面をもつ半製品を製造するための金属圧延方法または圧延機;圧延機列による連続作業;圧延機設備のレイアウト,例.スタンドの集合化;バスの連続またはカリバー形状の連続的変化
22長さの不定な帯または板の圧延のためのもの
C25D 7/00 2006.01
C化学;冶金
25電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7被覆される物品に特徴のある電気鍍金
C25D 7/04 2006.01
C化学;冶金
25電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7被覆される物品に特徴のある電気鍍金
04管状体;輪状体;中空体
出願人
  • JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 植野 雅康 UENO Masayasu
  • 矢▲崎▼ 拓郎 YAZAKI Takuro
  • 木島 秀夫 KIJIMA Hideo
  • 三宅 勝 MIYAKE Masaru
代理人
  • 熊坂 晃 KUMASAKA Akira
  • 森 和弘 MORI Kazuhiro
  • 磯村 哲朗 ISOMURA Tetsuo
  • 坂井 哲也 SAKAI Tetsuya
優先権情報
2018-23208012.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) WORK ROLL FOR ROLLING, ROLLING MACHINE EQUIPPED WITH SAME, AND ROLLING METHOD
(FR) CYLINDRE DE TRAVAIL POUR LAMINAGE, LAMINOIR ÉQUIPÉ DE CELUI-CI ET PROCÉDÉ DE LAMINAGE
(JA) 圧延用ワークロールおよびこれを備えた圧延機ならびに圧延方法
要約
(EN)
[Problem] To provide a work roll for rolling that is capable, when temper rolling a high strength steel strip, of effectively performing rolling while stabilizing the product quality even when the rolling distance advances, and a temper rolling method using the same. [Solution] The work roll for rolling 2 has: a drum part 2x comprising a superhard alloy with a Young's modulus of 450 GPa or greater; and an uneven layer 2y formed over the drum part 2x, having an arithmetic mean roughness Ra ranging from 2.0 to 10.0 μm, and comprising granular chrome.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de fournir un cylindre de travail pour laminage qui est capable, lors du laminage à froid d'une bande d'acier à haute résistance, d'effectuer efficacement un laminage tout en stabilisant la qualité du produit même lorsque la distance de laminage avance, et un procédé de laminage à froid l'utilisant. La solution selon l'invention porte sur un cylindre de travail pour laminage 2 qui a : une partie de tambour 2x comprenant un alliage extra-dur ayant un module de Young supérieur ou égal à 450 GPa ; et une couche irrégulière 2y formée sur la partie de tambour 2x, ayant une rugosité moyenne arithmétique Ra allant de 2,0 à 10,0 µm, et comprenant du chrome granulaire.
(JA)
【課題】高強度の鋼帯の調質圧延を行う際に、圧延距離が進んでも品質を安定させながら効率的に圧延を行うことができる圧延用ワークロールおよびこれを用いた調質圧延方法を提供すること。 【解決手段】圧延用ワークロール2は、ヤング率450GPa以上の超硬合金からなる胴部2xと、胴部2x上に形成され、2.0~10.0μmの範囲の算術平均粗さRaを有し、粒状のクロムからなる凹凸層2yと、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報