処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121623 - メタルビードシール及びその製造方法、燃料電池セルの製造方法

公開番号 WO/2020/121623
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/037400
国際出願日 24.09.2019
IPC
F16J 15/08 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Jピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
15密封装置
02相対的に静止した表面間のもの
06密封表面間で圧縮された固体パッキングをもつもの
08もっぱら金属パッキングをもつもの
H01M 8/0276 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
02細部
0271電極,マトリクスまたは膜の周囲を封止する手段または支持する手段
0276形により特徴付けられる封止手段
H01M 8/0282 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
02細部
0271電極,マトリクスまたは膜の周囲を封止する手段または支持する手段
028材料により特徴付けられる封止手段
0282無機材料
H01M 8/0284 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
02細部
0271電極,マトリクスまたは膜の周囲を封止する手段または支持する手段
028材料により特徴付けられる封止手段
0284樹脂;有機高分子
H01M 8/0286 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
02細部
0271電極,マトリクスまたは膜の周囲を封止する手段または支持する手段
0286シールを形成する方法
出願人
  • NOK株式会社 NOK CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 佐野 陽平 SANO Yohei
  • 島添 稔大 SHIMAZOE Toshihiro
代理人
  • グローバル・アイピー東京特許業務法人 GLOBAL IP TOKYO
優先権情報
2018-23166011.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METAL BEAD SEAL, MANUFACTURING METHOD FOR SAME, AND MANUFACTURING METHOD FOR FUEL CELLS
(FR) JOINT D'ÉTANCHÉITÉ À BOURRELET MÉTALLIQUE, PROCÉDÉ DE FABRICATION POUR CELUI-CI, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION POUR PILES À COMBUSTIBLE
(JA) メタルビードシール及びその製造方法、燃料電池セルの製造方法
要約
(EN)
Provided is a metal bead seal such that seal surface pressure is uniform and sealing performance is improved. The metal bead seal has a sealing bead 31 that is integrally provided on a metal base 21, said sealing bead 31 having: a plane curve shaped curved section 35 that has a maximum bead width section 37 with a maximum bead width w1; a linear section 36 that is a plane linear section continuing from the curved section 35, and that has a minimum bead width section 38 with a minimum bead width w2; and a gradual changing bead width section 39 that is located between the maximum bead width section 37 and the minimum bead width section 38, wherein the bead width changes from the maximum bead width w1 to the minimum bead width w2.
(FR)
L'invention concerne un joint d'étanchéité à bourrelet métallique, lequel joint est tel que la pression de surface d'étanchéité est uniforme et que les performances d'étanchéité sont améliorées. Le joint d'étanchéité à bourrelet métallique a un bourrelet d'étanchéité (31) qui est disposé d'un seul tenant sur une base métallique (21), ledit bourrelet d'étanchéité (31) ayant : une section incurvée en forme de courbe plane (35) qui a une section à largeur de bourrelet maximale (37) avec une largeur de bourrelet maximale w1 ; une section linéaire (36), qui est une section linéaire plane se prolongeant à partir de la section incurvée (35), et qui a une section à largeur de bourrelet minimale (38) avec une largeur de bourrelet minimale w2 ; et une section de largeur de bourrelet à changement progressif (39) qui est située entre la section à largeur de bourrelet maximale (37) et la section à largeur de bourrelet minimale (38), dans laquelle la largeur de bourrelet change de la largeur de bourrelet maximale w1 à la largeur de bourrelet minimale w2.
(JA)
シール面圧を均一とし、シール性が向上するメタルビードシールを提供する。金属製の基部21に対し一体に設けられたシールビード31であって、最大ビード幅wを有するビード幅最大部37を有する平面曲線状の曲線部35と、曲線部35から連続する平面直線状の直線部36であって、最小ビード幅wを有するビード幅最小部38を有する直線部36と、ビード幅最大部37とビード幅最小部38との間に位置するビード幅徐変部39であって、最大ビード幅wから最小ビード幅wへビード幅が連続的に変化するビード幅徐変部39と、を有するシールビード31と、を有するメタルビードシール。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報