処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121601 - インクジェット記録装置およびインクジェット記録装置の洗浄方法

公開番号 WO/2020/121601
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/032965
国際出願日 23.08.2019
IPC
B41J 2/165 2006.01
B処理操作;運輸
41印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
Jタイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01インクジェット
135ノズル
165ノズルの目詰り防止,例.ノズルの浄化,キャッピングまたは湿らすこと
B41J 2/175 2006.01
B処理操作;運輸
41印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
Jタイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01インクジェット
17インクの取扱いに特徴があるもの
175インクの供給系
B41J 2/185 2006.01
B処理操作;運輸
41印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
Jタイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01インクジェット
17インクの取扱いに特徴があるもの
18インクの循環系
185インクコレクタ;インクキャッチャー
出願人
  • 株式会社日立産機システム HITACHI INDUSTRIAL EQUIPMENT SYSTEMS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 松本 達夫 MATSUMOTO Tatsuo
  • 猪狩 光雄 IGARI Mitsuo
代理人
  • 青稜特許業務法人 SEIRYO I.P.C.
優先権情報
2018-23237212.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) INKJET RECORDING DEVICE AND METHOD FOR CLEANING INKJET RECORDING DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'ENREGISTREMENT À JET D'ENCRE ET PROCÉDÉ DE NETTOYAGE DE DISPOSITIF D'ENREGISTREMENT À JET D'ENCRE
(JA) インクジェット記録装置およびインクジェット記録装置の洗浄方法
要約
(EN)
Provided is an inkjet recording device with which it is possible to recover cleaning fluid to a body side after a printing head interior is cleaned, without increasing the number of tubes inside a cable. For this purpose there are provided a cleaning circuit that supplies a solvent to a cleaning nozzle and performs cleaning of the printing head interior, and a cleaning fluid introduction part that guides the cleaning fluid accumulated in the bottom part inside the printing head after cleaning to an ink recovery circuit. The cleaning fluid introduced into the cleaning fluid introduction unit is then guided to the ink recovery circuit, and the ink recovery circuit is used to recover the cleaning fluid into the body. This makes it possible to reliably recover cleaning fluid remaining inside the printing head into the body without increasing the number of tubes.
(FR)
L'invention concerne un dispositif d'enregistrement à jet d'encre avec lequel il est possible de récupérer un liquide de nettoyage vers un côté corps après le nettoyage d'un intérieur de tête d'impression, sans augmenter le nombre de tubes à l'intérieur d'un câble. A cet effet, l'invention comprend un circuit de nettoyage qui fournit un solvant à une buse de nettoyage et effectue un nettoyage de l'intérieur de la tête d'impression et une partie d'introduction de liquide de nettoyage qui guide le liquide de nettoyage accumulé dans la partie inférieure à l'intérieur de la tête d'impression après nettoyage vers un circuit de récupération d'encre. Le liquide de nettoyage introduit dans l'unité d'introduction de liquide de nettoyage est ensuite guidé vers le circuit de récupération d'encre et le circuit de récupération d'encre est utilisé pour récupérer le liquide de nettoyage dans le corps. Ceci permet de récupérer de manière fiable le liquide de nettoyage restant à l'intérieur de la tête d'impression dans le corps sans augmenter le nombre de tubes.
(JA)
印字ヘッド内部を洗浄した後の洗浄液をケーブル内の配管の数を増加させずに本体側に回収することができるインクジェット記録装置を提供する。 そのために、溶剤を洗浄ノズルに供給し印字ヘッド内部洗浄を行う洗浄回路と、洗浄後に印字ヘッド内の底部に滞留している洗浄液をインク回収回路に導く洗浄液導入部とを設けている。そして、洗浄液導入部に導入された前記洗浄液をインク回収回路に導き、インク回収回路を利用して本体内に回収する。これにより、印字ヘッド内に残る洗浄液を確実に、かつ配管の数を増やすことなく本体内に回収することができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報