処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020121544 - 耐マイグレーション性を有する光重合増感剤

公開番号 WO/2020/121544
公開日 18.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/014347
国際出願日 29.03.2019
IPC
C07C 69/736 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
69カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
66エステル化されているカルボキシル基が非環式炭素原子に結合し,酸部分にOH,O―金属,―CHO,ケト,エーテル,アシルオキシ,「図」基,「図」基または「図」基のいずれかをもつカルボン酸のエステル
73不飽和酸のもの
734エーテル
736エーテルの水酸基が6員芳香環の炭素原子に結合する水酸基をもつヒドロキシ化合物でエーテル化されているもの
C07C 67/08 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
67カルボン酸エステルの製造
08カルボン酸または対称無水物と有機化合物の水酸基またはO―金属基との反応によるもの
C07C 67/10 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
67カルボン酸エステルの製造
10カルボン酸または対称無水物とエステル基または炭素―ハロゲン結合との反応によるもの
C07C 67/26 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
67カルボン酸エステルの製造
24カルボン酸またはその誘導体と炭素―酸素エーテル結合,例.アセタール,テトラヒドロフラン,との反応によるもの
26オキシラン環を用いるもの
C07C 67/343 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
67カルボン酸エステルの製造
30エステル基を導入することなくエステルの酸部分を変化させることによるもの
333異性化によるもの;炭素骨格の大きさを変化させることによるもの
343炭素原子数が増加することによるもの
C08F 2/50 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
2重合方法
46波動エネルギーまたは粒子線の照射によって開始される重合
48紫外線または可視光線によるもの
50増感剤を用いるもの
出願人
  • 川崎化成工業株式会社 KAWASAKI KASEI CHEMICALS LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 山田暁彦 YAMADA, Akihiko
  • 田中英彦 TANAKA, Hidehiko
  • 沼田繁明 NUMATA, Shigeaki
代理人
  • 草部光司 KUSABE, Koji
優先権情報
PCT/JP2018/04537610.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MIGRATION-RESISTANT PHOTOPOLYMERIZATION SENSITIZER
(FR) SENSIBILISATEUR DE PHOTOPOLYMÉRISATION RÉSISTANT À LA MIGRATION
(JA) 耐マイグレーション性を有する光重合増感剤
要約
(EN)
[Problem] To provide a photopolymerization sensitizer which imparts sufficient photocuring speed for practical purposes without causing the problem of coloring or powder blowing in cured products due to additives such as the photopolymerization sensitizer bleeding to the surface as a result of blooming or the like when photocuring or during storage of cured products. [Solution] A 9,10-bis(alkoxy carbonyl alkylene oxy)anthracene compound represented by general formula (1) and having an ester group. (In general formula (1), A represents a C1-20 alkylene group, and said alkylene group may be branched by an alkyl group. R represents a C1-20 alkyl group, and said alkyl group may be branched by an alkyl group and may be a cycloalkyl group or a cycloalkyl alkyl group. X and Y may be the same or different, and each represent a C1-8 alkyl group or a halogen atom.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention concerne un sensibilisateur de photopolymérisation qui confère une vitesse de photodurcissement suffisante à des fins pratiques sans provoquer le problème de coloration ou de soufflage de poudre dans des produits durcis dû à des additifs, problème tel que le ressuage du sensibilisateur de photopolymérisation à la surface suite à des efflorescences ou similaires lors du photodurcissement ou pendant le stockage de produits durcis. La solution selon l'invention porte sur un composé de type 9,10-bis(alcoxycarbonylalkylène-oxy)anthracène représenté par la formule générale (1) et présentant un groupe ester. (Dans la formule générale, A représente un groupe alkylène en C1-20 et ledit groupe alkylène peut être ramifié par un groupe alkyle. R représente un groupe alkyle en C1-20 et ledit groupe alkyle peut être ramifié par un groupe alkyle et peut être un groupe cycloalkyle ou un groupe cycloalkylalkyle. X et Y peuvent être identiques ou différents, chacun représentant un groupe alkyle en C1-8 ou un atome d'halogène.)
(JA)
[課題]光硬化時あるいは硬化物の保存中にブルーミング等により、光重合増感剤等の添加物が表面ににじみ出し、硬化物の粉吹きや着色の問題を引き起こすことがなく、かつ実用上十分な光硬化速度を与える光重合増感剤を提供すること。 [解決手段]下記一般式(1)で表されるエステル基を有する9,10-ビス(アルコキシカルボニルアルキレンオキシ)アントラセン化合物。(一般式(1)において、Aは炭素数1から20のアルキレン基を表し、該アルキレン基はアルキル基によって分岐していてもよい。Rは炭素数1から20のアルキル基を表し、該アルキル基は、アルキル基によって分岐していてもよく、シクロアルキル基でもシクロアルキルアルキル基でもよい。X、Yは同一であっても異なってもよく、水素原子、炭素数1から8のアルキル基又はハロゲン原子を表す。)
国際事務局に記録されている最新の書誌情報