処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116652 - フルオロスルホニル基含有含フッ素ポリマーの製造方法、塩型スルホン酸基含有含フッ素ポリマーの製造方法および酸型スルホン酸基含有含フッ素ポリマーの製造方法

公開番号 WO/2020/116652
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047949
国際出願日 06.12.2019
IPC
C08F 14/18 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
14ただ1つの炭素-炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つがハロゲンによって停止されている化合物の単独重合体または共重合体
18ふっ素を含有する単量体
H01B 1/06 2006.01
H電気
01基本的電気素子
Bケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
06主として他の非金属物質からなるもの
H01B 1/12 2006.01
H電気
01基本的電気素子
Bケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
06主として他の非金属物質からなるもの
12有機物質
H01M 8/10 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
10固体電解質をもつ燃料電池
H01M 8/1039 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
10固体電解質をもつ燃料電池
1016電解質材料により特徴付けられるもの
1018高分子電解質材料
1039ハロゲン化されたもの,例.スルホン化ポリフッ化ビリニデン
H01M 8/1067 2016.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8燃料電池;その製造
10固体電解質をもつ燃料電池
1016電解質材料により特徴付けられるもの
1018高分子電解質材料
1067その物理的特性により特徴付けられるもの,例.多孔率,イオン伝導率または厚み
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 平居 丈嗣 HIRAI Takeshi
  • 齋藤 貢 SAITO Susumu
代理人
  • 特許業務法人T.S.パートナーズ T.S. PARTNERS
  • 泉名 謙治 SENMYO Kenji
  • 小川 利春 OGAWA Toshiharu
  • 金 鎭文 KIM Jin-Moon
  • 比企野 健 HIKINO Ken
  • 横井 大一郎 YOKOI Daiichiro
優先権情報
2018-23021307.12.2018JP
2019-03694628.02.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PRODUCTION METHOD OF FLUORINE-CONTAINING POLYMER CONTAINING FLUOROSULFONYL GROUP, PRODUCTION METHOD OF FLUORINE-CONTAINING POLYMER CONTAINING SALT-TYPE SULFONIC ACID GROUP, AND PRODUCTION METHOD OF FLUORINE-CONTAINING POLYMER CONTAINING ACID-TYPE SULFONIC ACID GROUP
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN POLYMÈRE CONTENANT DU FLUOR CONTENANT UN GROUPE FLUOROSULFONYLE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN POLYMÈRE CONTENANT DU FLUOR CONTENANT UN GROUPE ACIDE SULFONIQUE DE TYPE SEL ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN POLYMÈRE CONTENANT DU FLUOR CONTENANT UN GROUPE ACIDE SULFONIQUE DE TYPE ACIDE
(JA) フルオロスルホニル基含有含フッ素ポリマーの製造方法、塩型スルホン酸基含有含フッ素ポリマーの製造方法および酸型スルホン酸基含有含フッ素ポリマーの製造方法
要約
(EN)
A polymer production method is provided with which a sulfonic acid group-containing polymer that has a high TQ value and a high ion exchange capacity can be achieved. This production method of a fluorine-containing polymer containing a fluorosulfonyl group involves polymerizing, at a temperature of 110-250°C, a monomer represented in formula m1, and tetrafluoroethylene. (In the formula, RF1 and RF2 are perfluoroalkylene groups with a carbon number of 1-3.)
(FR)
L'invention concerne un procédé de production d'un polymère qui permet d'obtenir un polymère contenant un groupe acide sulfonique qui a une valeur TQ élevée et une aptitude élevée à l'échange d'ions. Ce procédé de production d'un polymère contenant du fluor contenant un groupe fluorosulfonyle consiste à polymériser, à une température de 110-250°C, un monomère représenté par la formule m1, et du tétrafluoroéthylène. (Dans la formule, RF1 et RF2 sont des groupes perfluoroalkylène présentant un nombre de carbones de 1-3.)
(JA)
TQ値が高く、イオン交換容量が高いスルホン酸基含有ポリマーが得られる、ポリマーの製造方法の提供。 下式m1で表されるモノマー、およびテトラフルオロエチレンを110℃以上250℃以下の温度で重合させる、フルオロスルホニル基含有含フッ素ポリマーの製造方法。 (上式中、RF1およびRF2は、炭素数1~3のペルフルオロアルキレン基である。)
国際事務局に記録されている最新の書誌情報