処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116589 - フルオロビニルアミド化合物の製造方法

公開番号 WO/2020/116589
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047719
国際出願日 05.12.2019
IPC
C07C 231/08 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
231カルボン酸アミドの製造
08カルボン酸アミド基の窒素原子における反応によるアミドからの製造
C07C 233/66 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
233カルボン酸アミド
64カルボン酸アミド基の炭素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
66少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がハロゲン原子またはニトロもしくはニトロソ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
C07D 207/27 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
207異項原子として1個の窒素原子のみを含有し,他の環と縮合していない5員環からなる複素環式化合物
02環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
18環原子相互間または環原子と非環原子間に1個の二重結合を有するもの
22異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
24酸素原子または硫黄原子
262-ピロリドン
263環の他の炭素原子に,水素原子または水素原子と炭素原子のみを含有する基のみが直接結合したもの
27環の窒素原子に直接結合する置換炭化水素基を有するもの
C07D 211/76 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
211他の環と縮合していない水素添加したピリジン環を含有する複素環式化合物
04環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
68環原子相互間または環原子と非環原子間に1個の二重結合を有するもの
72異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子が環の炭素原子に直接結合したもの
74酸素原子
762位または6位に結合しているもの
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
C07D 209/46 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
209異項原子として1個の窒素原子のみを含有し,他の環と縮合している5員環からなる複素環式化合物
021個の炭素環と縮合しているもの
44イソインドール;水素添加したイソインドール
461位に酸素原子を有するもの
出願人
  • ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 星谷 尚亨 HOSHIYA, Naoyuki
  • 松井 元志 MATSUI, Motoshi
  • 岸川 洋介 KISHIKAWA, Yosuke
代理人
  • 特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS
優先権情報
2018-22858905.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING FLUOROVINYL AMIDE COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ AMIDE FLUOROVINYLIQUE
(JA) フルオロビニルアミド化合物の製造方法
要約
(EN)
The purpose of the present disclosure is to provide a novel method for producing a fluorovinyl amide compound. The purpose is achieved by means of a method for producing a compound represented by formula (I) [in the formula, Rf is -F or fluoroalkyl, and Ra1 is -H or an organic group and Ra2 is -H or an organic group, or (i) Ra1 and Ra2, (ii) Ra1 and Rf, or (iii) Rf and Ra2 may be linked, and Rb1 is -H or an organic group and Rb2 is -H or an organic group, or Rb1 and Rb2 may be linked together with atoms, which are respectively adjacent to Rb1 and Rb2, to form a nitrogen-containing ring that may have at least one substituent], the method comprising step A for reacting a compound represented by formula (2) [in the formula, Rx is a leaving group, and other symbols are as defined above] with a compound represented by formula (3) [in the formula, symbols are as defined above] or a salt thereof in the presence of a transition metal catalyst.
(FR)
L'objet de la présente invention est de fournir un nouveau procédé de production d'un composé amide fluorovinylique. La solution selon l'invention concerne un procédé de production d'un composé représenté par la formule (I) [dans La formule, Rf est -F ou fluoroalkyle, et Ra1 représente -H ou un groupe organique et Ra2 représente -H ou un groupe organique, ou (i) Ra1 et Ra2, (ii) Ra1 et Rf, ou (iii) Rf et Ra2 peuvent être liés, et Rb1 est -H ou un groupe organique et Rb2 est -H ou un groupe organique, ou Rb1 et Rb2 peuvent être liés ensemble avec des atomes, qui sont respectivement adjacents à Rb1 et Rb2, pour former un cycle contenant de l'azote qui peut avoir au moins un substituant], le procédé comprenant une étape A consistant à faire réagir un composé représenté par la formule (2) [dans la formule, Rx est un groupe partant, et les autres symboles sont tels que définis ci-dessus] avec un composé représenté par la formule (3) [dans la formule, les symboles sont tels que définis ci-dessus] ou un sel de celui-ci en présence d'un catalyseur de métal de transition.
(JA)
本開示は、フルオロビニルアミド化合物の新たな製造方法等を提供することを目的とする。 前記目的は、式(1):[式中、 Rfは、-F、又はフルオロアルキルであり、及び Ra1は、-H、又は有機基であり、 Ra2は、-H、又は有機基であるか、或いは (i)Ra1及びRa2、(ii)Ra1及びRf、又は(iii)Rf及びRa2が、連結していてもよく、 Rb1は、-H、又は有機基であり、及び Rb2は、-H、又は有機基であるか、或いは Rb1、及びRb2は、これらがそれぞれ隣接する原子と一緒になって、連結し、1個以上の置換基を有していてもよい含窒素環を形成していてもよい。] で表される化合物の製造方法であって、 式(2):[式中、 Rは、脱離基であり、及び その他の記号は、前記と同意義である。] で表される化合物を、 遷移金属触媒の存在下で、 式(3):[式中の記号は、前記と同意義である。] で表される化合物又はその塩と、 反応させる工程A を含む製造方法 によって達成される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報