処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116584 - ガラス部材加工用デバイス

公開番号 WO/2020/116584
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047697
国際出願日 05.12.2019
IPC
C03B 23/055 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Bガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
23成形ガラスの再成形
04管または棒の再成形
055ロール成形によるもの
C03B 23/09 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Bガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
23成形ガラスの再成形
04管または棒の再成形
09端部の再成形,例.溝,筋または口
CPC
C03B 23/055
CCHEMISTRY; METALLURGY
03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
23Re-forming shaped glass
04Re-forming tubes or rods
055by rolling
C03B 23/09
CCHEMISTRY; METALLURGY
03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
23Re-forming shaped glass
04Re-forming tubes or rods
09Reshaping the ends, e.g. as grooves, threads or mouths
出願人
  • ニプロ株式会社 NIPRO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 森内 和久 MORIUCHI, Kazuhisa
  • 石見 良隆 ISHIMI, Yoshitaka
代理人
  • 山尾 憲人 YAMAO, Norihito
  • 鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi
優先権情報
2018-22971007.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DEVICE FOR PROCESSING GLASS MEMBER
(FR) DISPOSITIF DE TRAITEMENT D'UN ÉLÉMENT EN VERRE
(JA) ガラス部材加工用デバイス
要約
(EN)
In a method for manufacturing a glass container, the present invention simplifies an additional step for removing oil used for molding from the glass container being manufactured. In method for manufacturing a glass container (10'), a device (14) for processing a glass member (10) having at least a portion thereof heated to an appropriate processing temperature is configured such that at least a portion of a part thereof that comes into contact with the heated part of the glass member is formed of an impregnated graphite material.
(FR)
Selon un procédé de fabrication d'un récipient en verre, la présente invention simplifie une étape supplémentaire d'élimination de l’huile utilisée pour le moulage du récipient en verre fabriqué. Selon un procédé de fabrication d'un récipient en verre (10'), un dispositif (14) de traitement d'un élément en verre (10) dont au moins une partie est chauffée à une température de traitement appropriée, est conçu de telle sorte qu'au moins une portion d'une partie de celui-ci, qui vient en contact avec la partie chauffée de l'élément en verre, est formée d'un matériau en graphite imprégné.
(JA)
ガラス容器の製造方法において、製造されるガラス容器から成形に使用したオイルを除去する追加の工程を簡素化する。 ガラス容器(10')の製造方法において、加工可能な温度に少なくとも一部分が加熱されたガラス部材(10)を加工するデバイス(14)は、ガラス部材の加熱部分に接触する部分の少なくとも一部分が含浸グラファイト材料で構成されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報