処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116581 - フッ素系塗料及び塗膜付き基材の製造方法

公開番号 WO/2020/116581
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047694
国際出願日 05.12.2019
IPC
B05D 5/00 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
5特別の表面効果,表面仕上げまたは表面構造を得るために液体または他の流動性材料を表面に適用する方法
B05D 7/24 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
C09D 127/12 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
127ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する,1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つがハロゲンによって停止されている化合物の化合物の単独重合体または共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
02化学的後処理によって変性されていないもの
12ふっ素を含有するもの
C09D 133/16 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
133ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04エステルの単独重合体または共重合体
14ハロゲン,窒素,硫黄またはカルボキシル基の酸素以外の酸素原子を含有するエステルの
16ハロゲン原子を含有するエステルの単独重合体または共重合体
C09D 153/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
153炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる重合体の連鎖を少なくとも1個含有するブロック共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
C09D 175/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04ポリウレタン
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 齋藤 俊 SAITO Shun
代理人
  • 特許業務法人T.S.パートナーズ T.S. PARTNERS
  • 泉名 謙治 SENMYO Kenji
  • 小川 利春 OGAWA Toshiharu
  • 金 鎭文 KIM Jin-Moon
  • 比企野 健 HIKINO Ken
  • 横井 大一郎 YOKOI Daiichiro
優先権情報
2018-22830605.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUORINATED COATING AND METHOD FOR PRODUCING BASE MATERIAL EQUIPPED WITH COATING FILM
(FR) REVÊTEMENT FLUORÉ ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN MATÉRIAU DE BASE ÉQUIPÉ D'UN FILM DE REVÊTEMENT
(JA) フッ素系塗料及び塗膜付き基材の製造方法
要約
(EN)
Provided are: a fluorinated coating with which it is possible to easily and conveniently form a coating film that exhibits excellent ability to restrain accretion of ice and snow and has a plurality of recesses in the surface thereof; and a base material equipped with a coating film. The fluorinated coating according to the present invention comprises: a fluorine-containing non-block copolymer that includes a fluoro-olefin-based unit; a fluorine-containing block copolymer having a fluorine-containing segment that includes a unit based on a monomer having a perfluoroalkyl group and a non-fluorinated segment that does not include a fluorine atom; and a halogen solvent.
(FR)
Cette invention concerne : un revêtement fluoré avec lequel il est possible de former facilement et commodément un film de revêtement qui présente une excellente aptitude à limiter l'accrétion de la glace et de la neige et a une pluralité d'évidements dans sa surface ; et un matériau de base équipé d'un film de revêtement. Le revêtement fluoré selon la présente invention comprend : un copolymère à structure homogène contenant du fluor qui comprend une unité à base de fluoro-oléfines ; un copolymère séquencé contenant du fluor ayant un segment contenant du fluor qui comprend une unité à base d'un monomère ayant un groupe perfluoroalkyle et un segment non fluoré qui ne comprend pas d'atome de fluor ; et un solvant halogéné.
(JA)
着氷雪の抑制能に優れ、表面に複数の凹部を有する塗膜を簡便に形成できるフッ素系塗料及び塗膜付き基材の提供。 本発明のフッ素系塗料は、フルオロオレフィンに基づく単位を含む含フッ素非ブロック共重合体と、ペルフルオロアルキル基を有する単量体に基づく単位を含む含フッ素セグメント、及びフッ素原子を含まない非フッ素セグメントを有する含フッ素ブロック共重合体と、ハロゲン溶剤と、を含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報