処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116577 - 多孔質吸音材及びその製造方法、並びに、吸音方法

公開番号 WO/2020/116577
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047682
国際出願日 05.12.2019
IPC
C08J 9/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
04予め添加された発泡剤によって発生するガスを使用するもの
G10K 11/162 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
162材料の選択
G10K 11/165 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
162材料の選択
165母材内の粒子
出願人
  • デンカ株式会社 DENKA COMPANY LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 金子 英利香 KANEKO Erika
代理人
  • 長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki
  • 清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori
  • 中塚 岳 NAKATSUKA Takeshi
優先権情報
2018-22842305.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POROUS SOUND ABSORBING MATERIAL, METHOD FOR PRODUCING SAME AND SOUND ABSORPTION METHOD
(FR) MATÉRIAU ABSORBANT ACOUSTIQUE POREUX, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CE MATÉRIAU ET PROCÉDÉ D'ABSORPTION ACOUSTIQUE
(JA) 多孔質吸音材及びその製造方法、並びに、吸音方法
要約
(EN)
A porous sound absorbing material which has an average cell diameter of 100-600 μm and an apparent density of 40-140 kg/m3. A sound absorption method which uses this porous sound absorbing material.
(FR)
L'invention concerne un matériau absorbant acoustique poreux qui présente un diamètre de cellule moyen compris entre 100 et 600 µm et une densité apparente comprise entre 40 et 140 kg/m3. L'invention concerne également un procédé d'absorption acoustique qui utilise ce matériau absorbant acoustique poreux.
(JA)
平均セル径が100~600μmであり、見かけ密度が40~140kg/mである、多孔質吸音材。当該多孔質吸音材を用いた、吸音方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報