処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116568 - セラミックス物品の製造方法、及びセラミックス物品

公開番号 WO/2020/116568
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047646
国際出願日 05.12.2019
IPC
B28B 1/30 2006.01
B処理操作;運輸
28セメント,粘土,または石材の加工
B粘土または他のセラミック組成物,スラグまたはセメント含有混合物,例.プラスター,の成形
1材料からの成形品の製造
30その上に層を形成するために,中子上に,または他の成形面上に材料を適用することによるもの
B28B 11/04 2006.01
B処理操作;運輸
28セメント,粘土,または石材の加工
B粘土または他のセラミック組成物,スラグまたはセメント含有混合物,例.プラスター,の成形
11成形物品の処理または加工のための装置または方法
04コーテイングのためのもの
C04B 38/00 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
38多孔質化モルタル,コンクリート,人造石又はセラミックス製品;その製造
B33Y 10/00 2015.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
10付加製造の工程
B33Y 80/00 2015.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
80付加製造により製造された製品
C04B 35/119 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
01酸化物を基とするもの
10酸化アルミニウムを基とするもの
111ファインセラミックス
117複合組成物
119酸化ジルコニウムをもつもの
出願人
  • キヤノン株式会社 CANON KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 大橋 良太 OHASHI Yoshihiro
  • 安居 伸浩 YASUI Nobuhiro
  • 齋藤 宏 SAITO Hiroshi
  • 大志万 香菜子 OSHIMA Kanako
代理人
  • 岡部 讓 OKABE Yuzuru
  • 齋藤 正巳 SAITO Masami
優先権情報
2018-22938306.12.2018JP
2019-21994904.12.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CERAMIC ARTICLE PRODUCTION METHOD AND CERAMIC ARTICLE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ARTICLE EN CÉRAMIQUE, ET ARTICLE EN CÉRAMIQUE
(JA) セラミックス物品の製造方法、及びセラミックス物品
要約
(EN)
Provided are: a method for producing a ceramic article having a porous part and realizing improvement in mechanical strength of a molded article while obtaining high molding accuracy; and a ceramic article. This production method comprises: (i) a step for forming a powder layer by evenly spreading a powder of metal oxide that contains aluminum oxide as the main component; (ii) a step for melting and solidifying or for sintering the powder by irradiating the powder layer with an energy beam on the basis of shaping data; (iii) a step for causing a liquid that contains a zirconium component to be absorbed by a molded article having a porous part and being formed by repeating steps (i) and (ii); and (iv) a step for heating the molded article that has absorbed the liquid containing the zirconium component, wherein in the absorption step, the liquid is absorbed such that the proportion of the zirconium component among metal components contained in the porous part becomes 0.3-2.0 mol%.
(FR)
L'invention concerne : un procédé de production d'un article en céramique ayant une partie poreuse et permettant une amélioration de la résistance mécanique d'un article moulé tout en obtenant une précision de moulage élevée ; et un article en céramique. Le procédé de production selon l'invention comprend : (i) une étape de formation d'une couche de poudre par étalement uniforme d'une poudre d'oxyde métallique qui contient de l'oxyde d'aluminium en tant que composant principal ; (ii) une étape de fusion et de solidification ou de frittage de la poudre par irradiation de la couche de poudre avec un faisceau d'énergie sur la base de données de mise en forme ; (iii) une étape pour amener un liquide qui contient un composant de zirconium à être absorbé par un article moulé ayant une partie poreuse et étant formé par répétition des étapes (i) et (ii) ; et (iv) une étape de chauffage de l'article moulé qui a absorbé le liquide contenant le composant de zirconium, dans l'étape d'absorption, le liquide étant absorbé de telle sorte que la proportion du composant de zirconium parmi les composants métalliques contenus dans la partie poreuse devienne de 0,3 à 2,0 % en moles.
(JA)
高い造形精度を得ながら造形物の機械的強度の向上を実現した多孔質部を有するセラミックス物品の製造方法、及びセラミックス物品を提供する。(i)酸化アルミニウムを主成分とする金属酸化物の粉末を均し、粉末層を形成する工程と、(ii)粉末層に造形データに基づいてエネルギービームを照射し、粉末を熔融及び凝固、または焼結させる工程と、(iii)工程(i)及び工程(ii)を繰り返して形成した、多孔質部を有する造形物にジルコニウム成分を含有する液体を吸収させる工程と、(iv)ジルコニウム成分を含有する液体を吸収させた造形物を加熱する工程と、を有し、吸収工程において、多孔質部に含まれる金属成分におけるジルコニウム成分の割合が0.3mol%以上2.0mol%以下となるように吸収工程で液体を吸収させる。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報