処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116559 - 太陽光出力オプティマイザ回路

公開番号 WO/2020/116559
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047618
国際出願日 05.12.2019
IPC
G05F 1/67 2006.01
G物理学
05制御;調整
F電気的変量または磁気的変量の調整システム
1電気量の単一または複数の所望値からの偏差を系の出力部で検出し,系内の装置へフィードバックし,これにより検出量を単一または複数の所望値へ復元する自動制御系,すなわち反作用系
66電力の調整
67発電機から,例.太陽電池から,電力を最大利用するもの
H02M 1/00 2007.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
M交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
1変換装置の細部
H02M 3/155 2006.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
M交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
3直流入力一直流出力変換
02中間に交流変換をもたないもの
04静止型変換器によるもの
10制御電極を有する放電管または制御電極を有する半導体装置を使用するもの
145制御信号の連続的印加を必要とする三極管またはトランジスタ型式の装置を用いるもの
155半導体装置のみを用いるもの
H02M 3/28 2006.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
M交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
3直流入力一直流出力変換
22中間に交流変換をもつもの
24静止型変換器によるもの
28一旦交流を発生するために制御電極をもつ放電管または制御電極をもつ半導体装置を用いるもの
H02M 3/335 2006.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
M交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
3直流入力一直流出力変換
22中間に交流変換をもつもの
24静止型変換器によるもの
28一旦交流を発生するために制御電極をもつ放電管または制御電極をもつ半導体装置を用いるもの
325制御信号の連続的印加を必要とする三極管またはトランジスタ型式の装置を用いるもの
335半導体装置のみを用いるもの
出願人
  • 株式会社MersIntel MERSINTEL,K.K. [JP]/[JP]
  • クリーンエナジーファクトリー株式会社 CLEAN ENERGY FACTORY CO.,LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 西村 弘之 NISHIMURA Hiroyuki
代理人
  • 村田 幸雄 MURATA Yukio
  • 小野寺 洋二 ONODERA Youji
優先権情報
2018-22883006.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOLAR LIGHT OUTPUT OPTIMIZER CIRCUIT
(FR) CIRCUIT D'OPTIMISATION DE SORTIE DE LUMIÈRE SOLAIRE
(JA) 太陽光出力オプティマイザ回路
要約
(EN)
[Problem] To provide a solar light output optimizer circuit that enables use of power generation energy without any waste even when a power generation output of a PV panel is low. [Solution] The present invention is provided with: a solar light power generation input means 200A for receiving an input of a power generation output by a solar panel 50; a switching means 300; and a voltage doubler rectifying circuit 400. The present invention has: a first power recovery circuit 110 in which a contact point between a source electrode of a second switching transistor Q2 of the switching means 300 and one end a of a primary winding of a transformer T1 of the voltage doubler rectifying circuit 400 is connected to a drain electrode of a sixth switching transistor Q6; and a second power recovery circuit 120 comprising a seventh switching transistor Q7 which has a drain electrode connected to a drain electrode of a fifth switching transistor Q5 of the switching means 300 and has a source electrode connected to a source electrode of the sixth switching transistor Q6 of the first power recovery circuit 110 and connected to an anode electrode of a third diode D3.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de fournir un circuit d'optimisation de sortie de lumière solaire qui permet l'utilisation d'énergie de production énergétique sans gaspillage même lorsqu'une sortie de production d'énergie d'un panneau photovoltaïque est faible. La solution selon la présente invention porte sur : un moyen d'entrée de production d'énergie de lumière solaire (200A) pour recevoir une entrée d'une production d'énergie fournie par un panneau solaire (50) ; un moyen de commutation (300) ; et un circuit de redressement de doubleur de tension (400). La présente invention comprend : un premier circuit de récupération de puissance (110) dans lequel un point de contact entre une électrode de source d'un second transistor de commutation Q2 du moyen de commutation (300) et une extrémité a d'un enroulement principal d'un transformateur T1 du circuit de redressement doubleur de tension (400) est raccordé à une électrode de drain d'un sixième transistor de commutation Q6 ; et un second circuit de récupération de puissance (120) comprenant un septième transistor de commutation Q7 qui a une électrode de drain raccordée à une électrode de drain d'un cinquième transistor de commutation Q5 du moyen de commutation (300) et a une électrode de source raccordée à une électrode de source du sixième transistor de commutation Q6 du premier circuit de récupération de puissance (110) et raccordée à une électrode d'anode d'une troisième diode D3.
(JA)
【課題】PVパネルの発電出力が低い場合でも、発電エネルギーを無駄なく利用可能とした太陽光出力オプティマイザ回路を提供する。 【解決手段】太陽光パネル50の発電出力を入力する太陽光発電入力手段200Aと、スイッチング手段300と、倍電圧整流手段400とからなり、スイッチング手段300の第2のスイッチングトランジスタQ2のソース電極と倍電圧整流手段400のトランスT1の一次巻線の一端aの接続点を第6のスイッチングトランジスタQ6のドレイン電極に接続した第1の電力回収回路110と、スイッチング手段300の第5のスイッチングトランジスタQ5のドレイン電極にドレイン電極を接続し、第1の電力回収回路110の第6のスイッチングトランジスタQ6のソース電極と第3のダイオードD3のアノード電極にソース電極を接続した第7のスイッチングトランジスタQ7で構成した第2の電力回収回路120を具備した。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報