処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116475 - 触媒構造体およびその製造方法、ならびに該触媒構造体を用いた炭化水素の製造方法

公開番号 WO/2020/116475
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047298
国際出願日 03.12.2019
IPC
B01J 29/46 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
29分子ふるいからなる触媒
04塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
40ペンタシル型の,例.ZSM-5,ZSM-8またはZSM-11型
42鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
46鉄族金属または銅
B01J 29/22 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
29分子ふるいからなる触媒
04塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
18モルデナイト型のもの
20鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
22貴金属
B01J 29/24 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
29分子ふるいからなる触媒
04塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
18モルデナイト型のもの
20鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
24鉄族金属または銅
B01J 29/44 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
29分子ふるいからなる触媒
04塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
40ペンタシル型の,例.ZSM-5,ZSM-8またはZSM-11型
42鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
44貴金属
B01J 29/74 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
29分子ふるいからなる触媒
04塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
70グループB01J29/08~B01J29/65までに分類されない,その特定の構造に特徴のある型の
72鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
74貴金属
B01J 29/76 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
29分子ふるいからなる触媒
04塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
70グループB01J29/08~B01J29/65までに分類されない,その特定の構造に特徴のある型の
72鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
76鉄族金属または銅
出願人
  • 古河電気工業株式会社 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 関根 可織 SEKINE Kaori
  • 馬場 祐一郎 BANBA Yuichiro
  • 中井 祐賀子 NAKAI Yukako
  • 西井 麻衣 NISHII Mai
  • 福嶋 將行 FUKUSHIMA Masayuki
  • 加藤 禎宏 KATO Sadahiro
代理人
  • 齋藤 拓也 SAITO Takuya
  • 来間 清志 KURUMA Kiyoshi
優先権情報
2018-22693203.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CATALYST STRUCTURAL BODY AND METHOD FOR PRODUCING SAME, AND METHOD FOR PRODUCING HYDROCARBON BY USE OF CATALYST STRUCTURAL BODY
(FR) CORPS STRUCTURAL DE CATALYSEUR ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'HYDROCARBURE À L'AIDE D'UN CORPS STRUCTURAL DE CATALYSEUR
(JA) 触媒構造体およびその製造方法、ならびに該触媒構造体を用いた炭化水素の製造方法
要約
(EN)
Provided is a catalyst structural body that allows prevention of aggregation of fine particles of a functional substance, suppresses decrease of catalyst activity, and thus enables extension of the lifetime of the catalyst structural body. A catalyst structural body (1) has a carrier (10) that is formed from a zeolite-type compound and has a porous structure. The functional substance includes a first element that is at least one metallic element selected from the group consisting of cobalt (Co), nickel (Ni), iron (Fe), and ruthenium (Ru), and at least one second element selected from the group consisting of metallic elements in group 1, group 2, group 4, group 7, and group 12 on the periodic table. The carrier (10) has paths (11) connected to each other. The functional substance (20) is present in at least the paths (11) of the carrier (10).
(FR)
L'invention concerne un corps structural de catalyseur qui permet la prévention de l'agrégation de fines particules d'une substance fonctionnelle, supprime la diminution de l'activité du catalyseur, et permet ainsi l'extension de la durée de vie du corps structural de catalyseur. Un corps structural de catalyseur (1) a un support (10) qui est formé à partir d'un composé de type zéolite et a une structure poreuse. La substance fonctionnelle comprend un premier élément qui est au moins un élément métallique choisi dans le groupe constitué par le cobalt (Co), le nickel (Ni), le fer (Fe) et le ruthénium (Ru), et au moins un second élément choisi dans le groupe constitué d'éléments métalliques du groupe 1, du groupe 2, du groupe 4, du groupe 7 et du groupe 12 sur la table périodique. Le support (10) comporte des chemins (11) reliés l'un à l'autre. La substance fonctionnelle (20) est présente dans au moins les chemins (11) du support (10).
(JA)
機能性物質の微粒子同士の凝集を防ぐと共に、触媒活性の低下を抑制して長寿命化を実現することができる、触媒構造体を提供する。 触媒構造体(1)は、ゼオライト型化合物で構成される多孔質構造の担体(10)と、前記機能性物質が、コバルト(Co)、ニッケル(Ni)、鉄(Fe)およびルテニウム(Ru)からなる群から選択される1種以上の金属元素である第一元素と、周期表の第1族、第2族、第4族、第7族、第12族の金属元素からなる群から選択される1種以上の第二元素と、を含有し、前記担体(10)が、互いに連通する通路(11)を有し、前記機能性物質(20)が、前記担体(10)の少なくとも前記通路(11)に存在している。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報