処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116446 - 蛍光発生核酸分子、及び標的RNAの蛍光標識方法

公開番号 WO/2020/116446
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047228
国際出願日 03.12.2019
IPC
C12N 15/11 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
C12N 15/115 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
115アプタマー,すなわち,ハイブリダイズ以外の手段で,特異的にかつ高親和性で標的分子に結合する核酸
C12N 15/63 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
63ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
C12Q 1/6806 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6806分析用,例.PCRアッセイ用,の核酸の調製
C12Q 1/6825 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6813ハイブリダイゼーションアッセイ
6816検出手段により特徴付けられるもの
6825センサーを含む核酸検出
C12Q 1/6876 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6876核酸分析で使用される核酸産物,例.プライマーまたはプローブ
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY [JP]/[JP]
発明者
  • 岡田 康志 OKADA Yasushi
  • 有吉 哲郎 ARIYOSHI Tetsuro
代理人
  • 松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi
  • 荒 則彦 ARA Norihiko
  • 西澤 和純 NISHIZAWA Kazuyoshi
  • 大槻 真紀子 OTSUKI Makiko
優先権情報
2018-22674303.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUOROGENIC NUCLEIC ACID MOLECULE AND TARGET-RNA FLUORESCENT LABELING METHOD
(FR) MOLÉCULE D'ACIDE NUCLÉIQUE FLUOROGÈNE ET PROCÉDÉ DE MARQUAGE FLUORESCENT D'ARN CIBLE
(JA) 蛍光発生核酸分子、及び標的RNAの蛍光標識方法
要約
(EN)
The present invention provides: a fluorogenic RNA capable of visualizing mRNA in the cell, in particular, in a living cell of a mammal; and a target-RNA fluorescent labeling method utilizing the same. The present invention provides a fluorogenic nucleic acid molecule characterized in that: a base sequence in which two or more fluorescent-molecule binding regions are linked via a linker sequence is contained; and the fluorescent-molecule binding regions each have one or more fluorescent-molecule binding aptamer sequences inserted into a scaffold sequence.
(FR)
ARN fluorogène capable de visualiser l'ARNm dans la cellule, en particulier, dans une cellule vivante de mammifère, et procédé de marquage fluorescent d'ARN cible l'utilisant. La présente invention porte sur une molécule d'acide nucléique fluorogène comportant une séquence de bases contenant au moins deux régions de liaison à une molécule fluorescente qui sont liées par l'intermédiaire d'une séquence de liaison; et les régions de liaison à une molécule fluorescente comprenant chacune une ou plusieurs séquences d'aptamères de liaison à une molécule fluorescente insérées dans une séquence d'échafaudage.
(JA)
本発明は、細胞内、特に哺乳類の生細胞内でmRNAの可視化が可能な蛍光発生RNA、及びこれを利用する標的RNAの蛍光標識方法を提供する。本発明は、2以上の蛍光分子結合領域がリンカー配列を介して連結されている塩基配列を含み、前記蛍光分子結合領域は、足場配列中に1以上の蛍光分子結合アプタマー配列が挿入されていることを特徴とする、蛍光発生核酸分子を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報