処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116437 - 積層体

公開番号 WO/2020/116437
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047196
国際出願日 03.12.2019
IPC
B32B 17/10 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10合成樹脂の層に隣接したもの
C03C 17/42 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
34組成の異なる少くとも2種の被覆を有するもの
42少くとも1つが有機物質の被覆でありかつ少くとも1つが非金属被覆であるもの
C09J 11/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02非高分子添加剤
06有機物
C09J 201/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201不特定の高分子化合物に基づく接着剤
C09J 7/38 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7フィルム状または箔状の接着剤
30接着剤組成物に特徴のあるもの
38感圧性接着剤
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 川上 玲美 KAWAKAMI Remi
  • 坂本 寛 SAKAMOTO Hiroshi
  • ▲角▼田 純一 KAKUTA Junichi
  • 上村 徹 KAMIMURA Toru
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-22915306.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LAMINATE
(FR) STRATIFIÉ
(JA) 積層体
要約
(EN)
The present invention pertains to a laminate which has a glass plate and an adhesive layer and in which: the adhesiveness force (according to JISZ0237:2009) between the adhesive layer and a resin layer is at least 4N/25 mm when the resin layer is adhered to the glass plate via the adhesive layer; a load is gradually applied to an adhesive interface between the adhesive layer and the resin layer by causing the resin layer to be relatively spaced apart, at a speed of 5 mm/min, from the laminate to which the resin layer is adhered; a relative shear offset amount between the adhesive layer and the resin layer is at least 3 mm when the maximum value of a test force required for peeling the adhesive interface has been obtained; and the adhesive layer is an optically transparent adhesive.
(FR)
La présente invention concerne un stratifié présentant une plaque de verre et une couche adhésive et dans lequel : la force d'adhérence (selon la norme JISZ0237:2009) entre la couche adhésive et une couche de résine est d'au moins 4N/25 mm lorsque la couche de résine est collée sur la plaque de verre par l'intermédiaire de la couche adhésive ; une charge est progressivement appliquée à une interface adhésive entre la couche adhésive et la couche de résine en amenant la couche de résine à s’écarter relativement, à une vitesse de 5 mm/min, du stratifié sur lequel est collée la couche de résine ; une quantité de décalage en cisaillement relatif entre la couche adhésive et la couche de résine est d'au moins 3 mm lorsque la valeur maximale d'une force d’essai requise pour décoller l'interface adhésive a été obtenue ; et la couche adhésive est un adhésif optiquement transparent.
(JA)
本発明は、ガラス板と接着層とを有し、接着層を介して樹脂層をガラス板に接着させたときの接着層と樹脂層との接着力(JISZ0237:2009に準拠)が4N/25mm以上であり、樹脂層が接着された積層体を速度5mm/min.で相対的に離間させていくことにより、接着層と樹脂層との接合界面に荷重を印加していき、接合界面の剥離にかかる試験力の最大値を得たときの接着層と樹脂層との相対的なせん断ズレ量が3mm以上であり、接着層が光学透明粘着剤である積層体に関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報