処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116434 - 樹脂組成物およびその成形体

公開番号 WO/2020/116434
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047180
国際出願日 03.12.2019
IPC
C08K 7/14 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
7形状に特徴を有する配合成分の使用
02繊維またはウィスカ
04無機物
14ガラス
C08L 81/02 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
81主鎖のみに窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにいおうを含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物の組成物;ポリスルホンの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02ポリチオエーテル;ポリチオエーテル―エーテル
C08L 91/06 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
91油,脂肪またはワックスの組成物;その誘導体の組成物
06ワックス
C08J 5/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5高分子物質を含む成形品の製造
04解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
C08K 3/26 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3無機物質の添加剤としての使用
18酸素含有化合物,例.金属カルボニル
24酸;その塩
26炭酸塩;重炭酸塩
C08K 3/34 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3無機物質の添加剤としての使用
34けい素含有化合物
出願人
  • DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 西田 卓哉 NISHIDA,Takuya
代理人
  • 特許業務法人 ユニアス国際特許事務所 UNIUS PATENT ATTORNEYS OFFICE
優先権情報
2018-22884506.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RESIN COMPOSITION AND MOLDED BODY THEREOF
(FR) COMPOSITION DE RÉSINE ET CORPS MOULÉ DE CETTE DERNIÈRE
(JA) 樹脂組成物およびその成形体
要約
(EN)
Provided is a resin composition containing a polyarylene sulfide resin (A), zeolite (B), a glass fiber (C), and calcium carbonate (D), wherein the mass ratio ((C)/(D)) of the glass fiber (C) to the calcium carbonate (D) is in a range of 1-13. It is preferable to blend wax from an aspect of improving the releasability of the resin composition, and in this case, it is preferable to blend wax (E) having an acid number of 15 or less.
(FR)
L'invention concerne une composition de résine contenant une résine de sulfure de polyarylène (A), une zéolite (B), une fibre de verre (C) et du carbonate de calcium (D), le rapport de masse ((C)/(D)) entre la fibre de verre (C) et le carbonate de calcium (D) étant compris dans une plage de 1 à 13. Il est préférable de mélanger de la cire dans l’optique d’améliorer la diffusibilité de la composition de résine, et dans ce cas, il est préférable de mélanger de la cire (E) ayant un indice d'acide inférieur ou égal à 15.
(JA)
ポリアリーレンスルフィド樹脂(A)、ゼオライト(B)、ガラス繊維(C)および炭酸カルシウム(D)を含有し、ガラス繊維(C)と炭酸カルシウム(D)との質量比((C)/(D))が、1~13の範囲である樹脂組成物。樹脂組成物の離型性向上の観点からワックスを配合することが好ましく、その際、酸価が15以下であるワックス(E)を配合することが好ましい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報