処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116414 - ポリビニルアルコールフィルム及びそれを用いた偏光フィルムの製造方法

公開番号 WO/2020/116414
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047123
国際出願日 03.12.2019
IPC
G02B 5/30 2006.01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
5レンズ以外の光学要素
30偏光要素
C08K 5/20 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
16窒素含有化合物
20カルボン酸アミド
C08L 29/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
29ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの重合体を加水分解したものの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02不飽和アルコールの単独重合体または共重合体
04ポリビニルアルコール;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの単独重合体または共重合体の部分加水分解物
C08L 71/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
71主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
出願人
  • 株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 鷹取 洋平 TAKATORI, Yohei
  • 浜島 功 HAMASHIMA, Isao
  • 中井 慎二 NAKAI, Shinji
代理人
  • 特許業務法人せとうち国際特許事務所 SETOUCHI INTERNATIONAL PATENT FIRM
優先権情報
2018-22726004.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POLY(VINYL ALCOHOL) FILM AND METHOD FOR PRODUCING POLARIZING FILM USING SAME
(FR) FILM DE POLY(ALCOOL DE VINYLE) ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FILM POLARISANT L'UTILISANT
(JA) ポリビニルアルコールフィルム及びそれを用いた偏光フィルムの製造方法
要約
(EN)
This poly(vinyl alcohol) (PVA) film contains PVA (A), a non-ionic surfactant (B) and an anionic surfactant (C), and is characterized in that the non-ionic surfactant (B) is a secondary amide type aliphatic alkanolamide represented by formula (I), the content of the non-ionic surfactant (B) is 0.01-0.12 parts by mass relative to 100 parts by mass of the PVA (A), and the content of the anionic surfactant (C) in the film is 0.01-0.24 parts by mass relative to 100 parts by mass of the PVA (A). This PVA film contains few surfactant aggregates, has a low haze value, has good film surface quality, has a high drawing ratio and exhibits good polarization performance. [In formula (I), R is an alkyl group having 8-18 carbon atoms, and the number (n) of polyoxyethylene chains is 2-10.]
(FR)
Ce film de poly(alcool de vinyle) (PVA) contient du PVA (A), un tensioactif non ionique (B) et un tensioactif anionique (C), et est caractérisé en ce que le tensioactif non ionique (B) est un alcanolamide aliphatique de type amide secondaire représenté par la formule (I), la teneur du tensioactif non ionique (B) étant de 0,01 à 0,12 parties en masse par rapport à 100 parties en masse du PVA (A), et la teneur du tensioactif anionique (C) dans le film étant de 0,01 à 0,24 parties en masse par rapport à 100 parties en masse du PVA (A). Ce film de PVA contient peu d'agrégats de tensioactifs, a une faible valeur de trouble, a une bonne qualité de surface de film, a un rapport d'étirage élevé et présente de bonnes performances de polarisation. [Dans la formule (I), R est un groupe alkyle ayant de 8 à 18 atomes de carbone, et le nombre (n) de chaînes polyoxyéthylène est de 2 à 10.]
(JA)
PVA(A)、ノニオン系界面活性剤(B)及びアニオン系界面活性剤(C)を含有するPVAフィルムであって、ノニオン系界面活性剤(B)は下記式(I)で示される2級アミド型の脂肪族アルカノールアミドであり、ノニオン系界面活性剤(B)の含有量が、PVA(A)100質量部に対して0.01~0.12質量部であり、アニオン系界面活性剤(C)のフィルム中の含有量が、PVA(A)100質量部に対して0.01~0.24質量部であることを特徴とする。本発明のPVAフィルムは、活性剤凝集物の個数が少なく、ヘイズの値が低く、膜面品質が良好であり、延伸倍率が高く、偏光性能も良好である。[式(I)中、Rは炭素数8~18のアルキル基であり、ポリオキシエチレン鎖数(n)が2~10である。]
国際事務局に記録されている最新の書誌情報