処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116395 - 積層体及び積層体の製造方法

公開番号 WO/2020/116395
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047040
国際出願日 02.12.2019
IPC
B32B 17/10 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10合成樹脂の層に隣接したもの
B32B 27/36 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
36ポリエステルからなるもの
C09J 4/02 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
4少なくとも1つの重合性炭素―炭素不飽和結合をもつ有機非高分子化合物に基づく接着剤
02アクリルモノマー
C09J 11/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02非高分子添加剤
06有機物
C09J 133/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
C09J 7/10 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7フィルム状または箔状の接着剤
10無担体のもの
出願人
  • 王子ホールディングス株式会社 OJI HOLDINGS CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 山本 真之 YAMAMOTO Masayuki
  • 山口 貴迪 YAMAGUCHI Takamichi
代理人
  • 特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.
優先権情報
2018-22658003.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LAYERED BODY AND METHOD FOR MANUFACTURING LAYERED BODY
(FR) CORPS STRATIFIÉ ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CORPS STRATIFIÉ
(JA) 積層体及び積層体の製造方法
要約
(EN)
The problem to be solved by the present invention is to provide a layered body that can exhibit outstanding anti-outgassing properties with respect to any form of occurrence of outgassing. The present invention relates to a layered body, formed by layering a first adherend, an adhesive layer, and a second adherend in that order, wherein, the conditions Ft > Fv, Fi > Fv, and Fb > Fv are fulfilled if: the saturation water vapor pressure at 85°C is Fv; the interface adhesion of the first adherend and the adhesive layer at 85°C, measured by a measurement method (a), is Ft; the shear storage elastic modulus (G') of the adhesive layer at 85°C, measured by a measurement method (b), is Fi; and the interface adhesion of the second adherend and the adhesive layer at 85°C, measured by a measurement method (c), is Fb.
(FR)
Le problème à résoudre par la présente invention est de fournir un corps stratifié qui peut présenter des propriétés anti-dégazage exceptionnelles par rapport à n'importe quelle forme d'apparition de dégazage. À cet effet, la présente invention concerne un corps stratifié, formé par stratification d'une première partie adhérée, d'une couche adhésive et d'une seconde partie adhérée dans cet ordre, les conditions Ft > Fv, Fi > Fv, et Fb > Fv étant satisfaites si : la pression de vapeur d'eau de saturation à 85 °C est égale à Fv ; l'adhérence d'interface de la première partie adhérée et de la couche adhésive à 85 °C, mesurée par un procédé de mesure (a), est égale à Ft ; le module d'élasticité de stockage de cisaillement (G') de la couche adhésive à 85 °C, mesuré par un procédé de mesure (b), est égal à Fi ; et l'adhérence d'interface de la seconde partie adhérée et de la couche adhésive à 85 °C, mesurée par un procédé de mesure (c), est égale à Fb.
(JA)
本発明は、いかなるアウトガスの発生様式に対しても優れた耐アウトガス性を発揮できる積層体を提供することを課題とする。本発明は、第1の被着材、粘着剤層及び第2の被着材をこの順で積層した積層体であって、85℃における飽和水蒸気圧をFvとし、測定方法(a)で測定される85℃における第1の被着材と粘着剤層の界面密着力をFtとし、測定方法(b)で測定される85℃における粘着剤層の剪断貯蔵弾性率(G')をFiとし、測定方法(c)で測定される85℃における第2の被着材と粘着剤層の界面密着力をFbとした場合、Ft>Fv、Fi>Fv、及び、Fb>Fvの条件を満たす積層体に関する。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報