処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116391 - エピハロヒドリン系ゴム組成物、ゴム架橋物、ゴム積層体、およびホース

公開番号 WO/2020/116391
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/047031
国際出願日 02.12.2019
IPC
B32B 25/14 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
25本質的に天然または合成ゴムからなる積層体
14合成ゴム成分が主要素をなす共重合体からなるもの
C08K 5/3465 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
16窒素含有化合物
34異項原子として窒素を有する複素環式化合物
3442異項原子として2個の窒素を有するもの
34626員環
3465炭素環で縮合されたもの
C08L 71/03 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
71主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02ポリアルキレンオキシド
03エピハロヒドリン重合体
C08K 3/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3無機物質の添加剤としての使用
02元素
04炭素
C08K 3/26 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3無機物質の添加剤としての使用
18酸素含有化合物,例.金属カルボニル
24酸;その塩
26炭酸塩;重炭酸塩
F16L 11/04 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
11ホース,すなわち可とう管
04ゴムまたは可撓性のプラスチックで作られたもの
出願人
  • 日本ゼオン株式会社 ZEON CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 茂▲崎▼ 紫穂 MOSAKI, Shiho
代理人
  • とこしえ特許業務法人 TOKOSHIE PATENT FIRM
優先権情報
2018-23004507.12.2018JP
2019-08315424.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) EPIHALOHYDRIN-BASED RUBBER COMPOSITION, RUBBER CROSS-LINKED PRODUCT, RUBBER LAYERED PRODUCT, AND HOSE
(FR) COMPOSITION DE CAOUTCHOUC À BASE D'ÉPIHALOHYDRINE, PRODUIT RÉTICULÉ EN CAOUTCHOUC, PRODUIT STRATIFIÉ À BASE DE CAOUTCHOUC ET TUYAU FLEXIBLE
(JA) エピハロヒドリン系ゴム組成物、ゴム架橋物、ゴム積層体、およびホース
要約
(EN)
This epihalohydrin-based rubber composition contains an epihalohydrin-based rubber, carbon black, a quinoxaline-based crosslinking agent, and a hydrotalcite compound. The carbon black has an iodine adsorption amount of 100 mg/g or more, and a nitrogen adsorption specific surface area of 95-150 m2/g. The contained amount of the quinoxaline-based crosslinking agent is 0.01-2 parts by weight with respect to 100 parts by weight of the epihalohydrin-based rubber. The contained amount of the hydrotalcite compound is more than 3 parts by weight but less than 10 parts by weight with respect to 100 parts by weight of the epihalohydrin-based rubber.
(FR)
Cette invention concerne une composition de caoutchouc à base d'épihalohydrine contenant un caoutchouc à base d'épihalohydrine, du noir de carbone, un agent de réticulation à base de quinoxaline et un composé hydrotalcite. Le noir de carbone a un pouvoir d'adsorption de l'iode de 100 mg/g ou plus, et une surface spécifique d'adsorption de l'azote de 95 à 150 m2/g. La teneur en agent de réticulation à base de quinoxaline va de 0,01 à 2 parties en poids pour 100 parties en poids du caoutchouc à base d'épihalohydrine. La teneur en composé hydrotalcite est supérieure à 3 parties en poids mais inférieure à 10 parties en poids pour100 parties en poids du caoutchouc à base d'épihalohydrine.
(JA)
エピハロヒドリン系ゴムと、カーボンブラックと、キノキサリン系架橋剤と、ハイドロタルサイト化合物と、を含有するエピハロヒドリン系ゴム組成物であって、前記カーボンブラックのよう素吸着量が100mg/g以上、かつ、窒素吸着比表面積が95~150m/gであり、前記キノキサリン系架橋剤の含有量が、前記エピハロヒドリン系ゴム100重量部に対し、0.01~2重量部であり、前記ハイドロタルサイト化合物の含有量が、前記エピハロヒドリン系ゴム100重量部に対し、3重量部超、10重量部未満であるエピハロヒドリン系ゴム組成物を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報